猫を量産したい…立体造形作家の夢かなえたネコカップ

「無限ネコ製造機」として話題を呼んでいるのが、2019年7月に発売した猫形のカップ「ネコカップ」だ。砂や土、ご飯やゼリーなどを素材にして猫のシルエットを無限に作り出せる
日経クロストレンド

雑貨などを販売するアッシュコンセプト(東京・台東)が開発し、2019年7月から「+d(プラスディー)」ブランドで販売している「ネコカップ」(2970円)が人気だ。猫のシルエットにデザインしたプラスチックのカップで、そのままオブジェとして飾ってもいいし、「型」として中に砂や土を詰め込んで型抜きすれば猫の造形を作り出すこともできる。

21年6月からは食品衛生に配慮した素材に仕様変更。ご飯やゼリーなどを詰め込んで使えば、猫のシルエットをした料理やスイーツなどが出来上がる。猫好きにはたまらない、いわば「無限ネコ製造機」としてアピールしている。

20年6月には、より小さいタイプの「コネコカップ」(1870円)も発売。茶わん1杯分のご飯が入る小型サイズで、こちらも食品衛生に配慮した素材になっており、料理やスイーツ作りに使いやすい。

どちらも「ビオベージュ」「ビオホワイト」「ビオブラック」の3色展開。発売以来、シリーズ累計で約1万5000個を売り上げた。21年はSNS(交流サイト)で話題を伸ばし、同年8月だけでも20年全体を上回る個数を販売したという。

同商品をデザインしたのは、立体造形家・雑貨コレクターである森井ユカ氏。大の猫好きで、猫に関わる仕事がしたいと考えていた。10年ほど前「猫の動画やニュースだけを配信する放送局をつくる」というクラウドファンディングを立ち上げたが、残念ながら目標達成できなかった。そこで「造形作家として、自分にできることから始めよう」と考えて思いついたのが「ネコカップ」のアイデアだったという。

「私にはもともと『猫を量産したい』という野望があった。生活の中に猫の気配があるだけで、幸せな気持ちになれると考えていたからだ。私のような猫好きには、散歩中に猫の姿を見かけただけで1日がハッピーになるという人も多いだろう。猫を量産するためにどうすればいいか考えたとき、砂や土を型抜きして猫の形にすることを思いついた。そのアイデアを大切に熟成させ、自分の気持ちが高まったタイミングでプロトタイプを製作した。それをアッシュコンセプトに持って行った」(森井氏)

同商品をデザインした森井ユカ氏は、「生活の中に猫の気配があるだけで幸せな気持ちになれる」と話す

アッシュコンセプトの名児耶秀美社長は、同商品のプロトタイプを見たときに思わず笑ってしまったという。「森井氏は『家の中に生きた猫がいるとかわいすぎて仕事にならない』と言って、自分では猫を飼わないくらいの大の猫好きだ。そこで生活の中で猫の存在を感じ、なおかつ仕事の妨げにならないものを作った。

ネコカップのプロトタイプでは、まるで生きているかのような猫のシルエットが見事に再現されていて、猫を愛する森井氏だからこそできる造形だと感じた。当初、森井氏は道具として使用することのみを考えていたようだが、『これならオブジェでも通用する』と提案した」(名児耶氏)

プロトタイプでは、シンプルな造形でありながらも猫の空気感をしっかりと感じさせるようにこだわった。一目見たときに「猫だ」と分かることが重要だった。森井氏は別バージョンも製作するつもりだったが、プロトタイプを見た名児耶氏が「森井氏の作りたいという衝動が詰まっている」と評価し、そのまま製品化に踏み切ることにした。ただし、耳の際の角度の調節といった微調整は相当数、繰り返した。

素材にもこだわり、竹やホタテの貝殻などの有機物を含んだバイオマスプラスチックを使用した。海や砂浜で遊ぶのにもふさわしい、ざらっとした質感の味わい深いテクスチャーができた。

ネコカップとコネコカップは「ビオベージュ」「ビオホワイト」「ビオブラック」の3色。オブジェとして飾ってもいい
次のページ
予想を超えた使い方が広がる
MONO TRENDY連載記事一覧