古いG-SHOCKの復元現場に潜入 なくなった部品も再現

G-SHOCKの初期モデルが、レストアによって新品同様によみがえる。写真左はレストア前のもの。写真右はレストアを行ったもの

カシオ計算機が期間限定で実施した、腕時計G-SHOCKシリーズのレストアサービスが好調だった。対象は1983年に発売された初代G-SHOCK「DW-5000C」を含む8機種。1万560円(税込み。返却送料が別途必要)で傷や経年劣化で傷んだ外装やバンド、電池を交換した。受付期間は2021年10月5日~22年1月18日だったが、開始されるや否や申し込みが殺到。開始1週間で当初想定していた申込数に達したという。実際にどのようにレストア(復元)が行われたのか、現場を見せてもらった。

G-SHOCKシリーズは、耐衝撃機能や20気圧の防水性能といったタフ性能が特徴だ。初代モデルの「DW-5000C」はウレタンで全面をカバーし、内部モジュールを点で支えてケース内で浮かせる構造により、それを実現した。

サービスの対象になっているのは、初代モデル「DW-5000C」(写真左、1983年)、「DW-5600C」(写真右、1987年)のほか、「WW-5100C」(1983年)、「DW-5200C」(1984年)、「WW-5300C」(1984年)、「DW-5800C」(1987年)、「DW-1983」(1993年)、「SWC-05」(1994年)の計8機種

しかし、いかにタフなG-SHOCKとはいえ、経年劣化は避けられない。手ごろな価格で日常的に身に着ける腕時計であり、ぶつけたり擦れたりして傷が付くことも多い。ウレタンが加水分解によりぼろぼろになることもある。

カシオ計算機によると、10年ほど前までの製品は通常の修理対応を行っているが、それより古くなると対応が難しいそうだ。コレクターアイテムとしても価値のあるG-SHOCKだけに、古い製品を直してほしいという要望は多い。しかし、当時の金型がなくて部品を作れないなどの理由から対応できないことがほとんど。レストアサービスは、そうした要望に応えるのが目的だ。申し込みは専用Webサイトから行い、レストアしてほしい製品を送る。レストアが終了すると、レストアサービス専用パッケージに入れられて戻ってくる。

実際に送られてきたG-SHOCK。ベゼルやバンドは全体的に古びている。これは比較的状態のよいもので、もっとくたびれたものも送られてくる

レストア作業を行っているのは、カシオ計算機が販売するコンシューマー向け製品の修理を手がけるカシオテクノ サービス事業推進部 東日本リペアセンター。担当するのは、同社よりすぐりの熟練スタッフだ。

まずレストア前のサンプルとして、実際に送られてきたG-SHOCKを見せてもらった。ウレタン製のベゼルやバンドは傷だらけで、使い込んできた様子がうかがえる。シャープだったはずのエッジは丸くなり、表面はマットなはずなのに、長年の使用で擦れて一部にツヤが出ていたり、白っぽくなっていたりする。バンドにはゆがみも見られた。電池は切れているのでディスプレーには何も表示されていない。

次にレストア後のサンプルとして、実際に作業の終了したG-SHOCKを見せてもらった。当たり前だがベゼルやバンドには傷がなく、マットな仕上がりで新品にしか見えない。エッジも出ている。手にしてみても新品同様の手触りだ。電池も交換しているので、時刻をしっかり刻んでいる。ここまできれいによみがえれば、G-SHOCKを預けたユーザーも満足だろう。

レストア済みのG-SHOCKの例。ベゼルやバンド、電池を交換したことで新品同様によみがえった。レストアでは機能点検も行う

レストアが終わったG-SHOCKは、レストアサービス専用パッケージに入ってユーザーの元に戻ってくる。パッケージには初代モデルの開発者である伊部菊雄氏のメッセージとサインが印刷されており、その隣にG-SHOCKを収めてディスプレーできるようになっている。専用パッケージを作ると聞いた伊部氏が「ぜひ、サインを入れさせてほしい」と申し出たそうだ。G-SHOCKファンなら、このパッケージだけでも手に入れたいと思うだろう。思い入れのある古いG-SHOCKをレストアして、再び使うもよし、専用パッケージと一緒に飾って楽しむもよしというサービスだ。

レストアサービス専用パッケージに入って、ユーザーの元に戻ってくる。パッケージを開けて、そのままディスプレー台として飾っておける
次のページ
一番緊張するのは「蓋を開けるとき」