LiSA アニメ『鬼滅の刃』主題歌、再び挑む思いを語るLiSAインタビュー(上)

日経エンタテインメント!

放送中のテレビアニメ「『鬼滅の刃』 無限列車編」(フジ系ほか)で、オープニングテーマ『明け星』とエンディングテーマ『白銀』を担当するLiSA。

岐阜県出身。2011年4月にミニアルバム『Letters to U』でメジャーデビュー。11月17日に『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』のオープニング&エンディング両A面シングル『明け星 / 白銀』が発売。12月7、8日には『LiVE is Smile Always~LADYBUG~』の追加公演が日本武道館で開催される

LiSAとアニメ『鬼滅の刃』といえば、2019年放送のテレビアニメ『竈門炭治郎 立志編』、そして20年公開の劇場版『無限列車編』でも主題歌を担当し、『紅蓮華』『炎』を生み出した。LiSA自身は2年連続『NHK紅白歌合戦』出場、昨年末には『炎』で日本レコード大賞を受賞するなど結果を残してきた。

11年のソロデビュー以降、数多くのアニメ作品の楽曲を担ってきた彼女にとって、『鬼滅の刃』との出合いはどんなものだったのか。また、再度主題歌を担当することについて、今の率直な気持ちを聞いた。

『明け星 / 白銀』 両A面シングルを11月17日に発売。各種配信サービスで配信中。写真は通常版(SACRA MUSIC)

「私自身、いろいろなアニメ作品と一緒に歌手人生を歩ませてもらってきて、作品に寄り添いながら、作品を作る方たちの情熱を感じながら、作品と一緒に楽曲を制作していくということをずっとやってきた10年間でした。ですから、デビューから10年という節目の付近で『鬼滅の刃』という作品に出合えたことは、とても幸せなことでした。

作品に対する制作のみなさんの情熱や、作品が持つすごく大きなパワーみたいなものを私自身もすごく素直に感じていましたし、そういう作品とともに楽曲がたくさん愛してもらったということは、自分がこれまでやってきたこともひっくるめて肯定してもらったような、認めてもらったような、世の中のみなさんに見つけてもらったような気がして。

『アニメってこんなにすごいんだぞ』っていうことも含めて『鬼滅の刃』という作品が教えてくれ、示してくれた、そんな出合いでした。いい作品に出合って、その作品に持てる力の全てを精いっぱい注ぐということを変わらずやらせてもらってきたなかで、たくさんの方に届いたということが本当にうれしいです」

第一話「炎柱・煉獄杏寿郎」より (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
次のページ
作詞を手掛けなかった理由
エンタメ!連載記事一覧