パソコンが起動不能になった場合は、あらかじめ作成しておいたUSBメモリーから起動する(図9)。すると簡易OS(Windows PE)が立ち上がってバックアップアプリが起動する。あとの手順は図3以降と同じだ。

図9 起動用のUSBメモリーを挿してパソコンの電源を入れると、USBメモリーから起動しバックアップアプリが起動する。あとは図3以降と同様の操作でイメージを書き戻す。USBメモリーから起動しない場合は、このようなパソコンの起動メニューでUSBメモリーを指定する

Windows 11をクリーンインストールした場合、バックアップイメージを書き戻す際にエラーで停止することがある(図10)。原因は内蔵ストレージのパーティションの状態だ。その場合は11の新規インストール用USBメモリーなどを使ってパソコンを起動し、Windows 11関連のシステムやCドライブ、回復といったパーティションをすべて削除する(図11)。その後、バックアップアプリのUSBメモリーから起動してイメージを書き戻す。

図10 Windows 11を新規インストールした後にイメージを書き戻す場合、このようなエラーが出て失敗することがある
図11 Windows 11の新規インストール用USBメモリーを用意し、途中までWindows 11のインストールを進める。インストール場所を選ぶ画面になったら、パソコンの内蔵ストレージ(ここでは「ドライブ1」)のパーティションをすべて削除する。この操作で内蔵ストレージのデータはすべて消える。この後、Windows 11のインストーラーを終了してパソコンの電源を

Windows 10のイメージを書き戻したら、退避させておいたWindows 11の個人データを内蔵ストレージに書き戻そう。「ドキュメント」などのフォルダー構成はWindows 10とWindows 11で同じなので、ユーザー名のフォルダーを丸ごとエクスプローラーでコピーすればよい(図12図13)。この場合もエラーが何度か表示されるが、「スキップ」で飛ばして問題ない(図14)。この操作で壁紙の表示がおかしくなる場合もあるが、再度設定すると元に戻る。

図12 外付けHDDなどに退避させたWindows 11の個人データを戻す。ユーザー名のフォルダーを、Windows 10の「ユーザー」フォルダーにドラッグすればよい。コピー先に同名フォルダーがある場合、上書きはされずに内容が統合される
図13 上書き確認が表示されたら「ファイルを置き換える」を選ぶ
図14 途中でエラーが何度か表示される。その際は「すべての項目にこれを実行する」にチェックを入れて「スキップ」を選ぶ(1)(2)

(ライター 田代祥吾)

[日経PC21 2021年12月号掲載記事を再構成]