「ジョブ型で転職防止にも職場の魅力高める」NEC社長NEC森田隆之社長(下)

NECの森田隆之社長(写真:吉村永)

NECは成長し続けるために、社員の力を最大限に引き出す働き方、カルチャーの改革を進めている。前回の「NEC森田社長『組織の多様性、高めるのが遅かった』」に続き、働き方改革に詳しい相模女子大学大学院特任教授の白河桃子さんが、ジョブ型雇用や評価制度などについて、森田隆之社長に話を聞いた(以下、2人の敬称略)。

ジョブ型雇用、自分を磨いてほしい

白河桃子さん(写真:吉村永)

白河 働き方改革で伺いたいのは、御社が進めているメンバーシップ雇用からジョブ型雇用への転換についてです。ジョブ型になることで「給料が下がったらどうしよう」「自分がずっとやってきた仕事がなくなったらどうしよう」と不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

森田 それはあるでしょうね。自分を磨いてもらうしかないと思います。

白河 それはどこの企業もおっしゃるのですが、磨けるチャンスは用意していますか。

森田 もちろんです。そのためにリスキリング(学び直し)のための会社(NECライフキャリア)をつくり、すでに研修を実施しています。「追い出し部屋みたいなものでは?」と誤解されるのではないかと心配する声もありましたが、決してそうではありません。私自身もCFO(最高財務責任者)時代に学びました。

経理部門では40代を中心とした300〜400人に6カ月の研修を受けてもらいました。最先端のファイナンスの知識を再教育するためです。内容などは異なりますが、人事部門でも実施していて、エンジニアにも広げています。また、(米リンクトインの学習ツールである)「リンクトインラーニング」で担当業務以外の内容でも自由に受講できるようにしています。もちろん社員の金銭的負担はゼロです。ただし、原則、自分の啓発啓蒙のために学ぶものなので就業時間外に受講してください、とお願いしています。

白河 無料で学び放題というのは、社員にとってありがたいですね。反応はいかがですか。

森田 認知度は徐々に上がっていると思いますが、もっと上げるアピールはしないといけません。当社の平均年齢は43.7歳ですが、20代の社員にもどんどん参加してもらって、やる気のある社員を活性化していきたいと思っています。

白河 平均にあたる40代の社員の方々の姿勢は変わってきましたか。

森田 ミドル層が変わるには、まずその上の経営層が変わる姿を見せないといけません。(マネジャーまでの管理職に導入済みで、1年間の業務目標を示した)「コミットメントシート」しかり、まず上位役職者が自ら手本を示す。すると徐々に下に浸透し、全体が変わっていくはずです。

白河 上層部には手をつけない会社も多い中で、上から変えようとされるのは素晴らしい実行力だと思います。役員の方は危機感を抱くようになりましたか。

森田 1年任期制というのはやはり効いていると思います。役員全体の意識がかなり高まってきた感はあります。

白河 現場の社員に対しては、公募式のジョブポスティング制度も導入されていますね。手を挙げる方は増えていますか。

森田 結構出てきています。ただし、日本人の特性なのか、現職の部門に遠慮してしまうケースも少なくないようです。人事がもっとサポートするように伝えています。

次のページ
自分のキャリアは自分で決める