日経Gooday

閉経後は楽になるが、それまでの生活習慣が露呈する

──更年期を乗り越えるうえで、最後にお聞きしたいのですが、閉経後は、楽になるのでしょうか。

高尾 なります。生理がある年代は、生理周期に合わせてエストロゲンとプロゲステロンの分泌を繰り返す、すなわちアップダウンを繰り返していて、ある意味、嵐に揺さぶられている状態です。出産というライフイベントを経験された方は、妊娠中はエストロゲンが増加するけれど、産後はほぼゼロになるという大嵐を経験します。その大嵐を乗り越え、今度は更年期と呼ばれるアップダウンの大嵐を越えると、「凪(なぎ)」ともいえる閉経を迎えるのです。

ですから、楽にはなるのですが、ただエストロゲンは私たちが気がつかないうちに、例えば血管、骨、肌に様々な良い働きをし、体を守ってくれています。エストロゲンがほとんどなくなると、いわば、若い年代から守ってもらえていない男性同様に、様々な病気のリスクが高まります。

男性の場合、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、心筋梗塞などは、20~40代まで年齢を追うごとに着実に患者数が増えていきます。これが女性の場合は、20~40代の、働く年代においてはほとんどいない。それが閉経後となる50代以降はグッと増加し、70代あたりで男性を追い越します。

ある意味、閉経後はそれまでの生活習慣が露呈する時期でもあるんですね。だからそれまでに、よりよい生活習慣を積み重ねておくと、その先もそこまで怖がることなく過ごしていけるのではないでしょうか。

(ライター 山田真弓)

高尾美穂さん
産婦人科医・イーク表参道 副院長。医学博士・スポーツドクター・Gyne Yoga主宰・産業医。東京慈恵会医科大学大学院修了後、同大病院産婦人科助教、東京労災病院女性総合外来などを経て現職。大学病院では婦人科がん(特に卵巣がん)専門。2003年にヨガと出会い、ケンハラクマ師に師事。ヨガ、アンチエイジング医学、漢方、栄養学、スポーツ医学を多角的に用い女性の心身を様々な角度からサポートする。近著に『心が揺れがちな時代に「私は私」で生きるには』(日経BP)がある。

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。