日経Gooday

更年期うつの症状も運動で改善するという報告も

──1つが改善されると他の症状も軽減されていくのですね。ホルモン補充療法以外に、できることはありますか。

高尾 実は自律神経症状、運動器官系の症状、メンタルのなかでも「更年期うつ」の症状、それぞれに運動が有効です。

イメージしやすいのは肩こりや腰痛といった運動器官系の症状ですよね。疲れやすい人も、しっかり運動をして十分に休む習慣をつけることで改善されていくと考えられます。

また一見、改善しにくそうな発汗やほてり、動悸や息切れといった血管運動神経症状こそが、運動による改善度が高いことが分かっています。運動中に汗をかくことで、運動後は汗が出にくく、ほてりにくくもなります。

また睡眠のトラブルに関しては、たった1回運動しただけでも、その日の夜は熟眠度が高まり、運動を習慣化するとトータルの睡眠時間が延びることも分かっています。

さらに更年期うつの症状に関しては、運動習慣を持つ人と持たない人を比べると、持つ人のほうが発現しにくく、症状のある人でも運動の頻度を上げることで、改善するという報告があります[注1]

運動習慣が有効ながら運動する人は約1割

──運動習慣を持った状態で更年期を迎えたほうが安心ですね。とはいえ、習慣化するのは難しい気がします。

高尾 40代の女性で運動習慣がある人の割合は12.9%という調査結果もあり[注2]、極端に言えば10人のうち約9人は運動習慣がないということになります。1日24時間しかない中で、これ以上睡眠時間を削ってまで運動はできないという人もいるでしょう。でも、運動をするのは、睡眠の質を向上させるためでもあります。そして睡眠は目を覚ましている時間、つまり覚醒時の状態をよくするために重要です。起きている時間のパフォーマンス向上のために、改めてご家族と一緒に、睡眠について話してみていただきたいと思います。

──運動習慣の目安はありますか。

高尾 運動習慣の定義としては、「隣にいる人と話ができるぐらいの運動強度」の運動──例えば早歩きぐらいの速度でのウオーキングを、1回30分以上、週に2回以上していれば、「運動習慣がある」ことになります。仕事に出かけるときにウオーキングシューズで1駅分歩くなどでもいいわけです。できればウオーキングなどによる有酸素運動と筋トレの両方を取り入れた運動をしてもらえるといいので、日中は少し離れたところまでランチを買いに行って、夜は自宅でできる筋トレをする、というのもいいでしょう。

[注1]Prospective Study of Physical Activity and Depressive Symptoms in Middle-Aged Women - American Journal of Preventive Medicine (ajpmonline.org)

[注2]厚生労働省「令和元年 国民健康・栄養調査結果の概要」

(次回に続く)

(ライター 山田真弓)

高尾美穂さん
産婦人科医・イーク表参道 副院長。医学博士・スポーツドクター・Gyne Yoga主宰・産業医。東京慈恵会医科大学大学院修了後、同大病院産婦人科助教、東京労災病院女性総合外来などを経て現職。大学病院では婦人科がん(特に卵巣がん)専門。2003年にヨガと出会い、ケンハラクマ師に師事。ヨガ、アンチエイジング医学、漢方、栄養学、スポーツ医学を多角的に用い女性の心身を様々な角度からサポートする。近著に『心が揺れがちな時代に「私は私」で生きるには』(日経BP)がある。

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。