更年期のほてり・うつには運動 睡眠への効果も期待女性のためのカラダ講座(4)

日経Gooday(グッデイ)

近年社会的な影響も指摘される「更年期」は、閉経の前後5年間を示すもの。多くの女性が不調を感じるが、婦人科を受診しても、婦人科医はすぐさま「更年期障害」と診断するわけではないと、イーク表参道副院長の高尾美穂さん。「婦人科医はいろんな病気を否定したうえで、更年期障害を考えましょうと言います」(高尾さん)。とはいえ診断名が付くまでは、何もできないということではなく、不調の要因を調べながら、並行して治療を開始するケースが多いという。

通院での治療も重要だが、更年期の様々な症状に対し、自宅で取り組める改善策があれば、取り入れたいところだ。その具体策について2回に分けて、高尾さんに聞いた。

更年期症状の3グループは相互に関係している

──更年期特有の症状として、ほてり(ホットフラッシュ)や発汗、冷え、イライラ、めまい、動悸(どうき)、息切れ、頭痛、疲労、不安、不眠、憂うつ感などが表れたときに、自分で何かできることはあるのでしょうか。それぞれ異なる症状なので、それぞれに対処しなければならないとなると、大変そうです。

高尾 美穂氏(以下、高尾) 1回目(「『更年期』とわかるのは閉経後 40歳過ぎたらケア開始」)でお伝えしたように、更年期の症状には3グループあります。1つが自律神経に関わる症状で、その代表例がほてりや発汗、冷え、動悸など。2つ目が月経の有無を問わず加齢性の変化でも起きる症状で、肩こりや腰痛といった運動器官系の症状や、消化機能の低下など消化器官系の症状。3つ目がメンタル(精神神経系)の症状で、イライラする、怒りっぽくなる、涙もろくなる、意欲が低下する、抑うつ気分になるといったものです。

実はこれらのうちのいくつかは相互に関係していて、どれか1つを改善させると、他の症状も軽減されていくことが分かっています。

写真はイメージ=123RF

例えば、ほてりや発汗はホルモン補充療法により改善しやすいのですが、体温調節ができるようになると、睡眠時にも深部体温(体の内部の温度)が下がるようになり、体が休息状態になり、中途覚醒せずに済む可能性が高くなります。十分に睡眠が取れるようになると、うつ病の予防にもなり、その結果、日中の不調が軽減されます。それぞれが作用しあって、「調子が良い」と言えるようになるのです。

次のページ
更年期うつの症状も運動で改善するという報告も