Windows 11アップグレード インストールでOSきれいに10パソコンを11にアップグレードするには(下)

パソコンのOSをWindows 11に無償アップグレードする方法を解説する記事の後編。今回はまっさらなWindows 11をインストールする「新規インストール」の概要を紹介する。心機一転、きれいなOSを使えるのがメリットだ。

新規では起動ディスクを作成

Windows 11を新規インストールするには、最初にDVDもしくはUSBメモリーの起動ディスクを作成するのが原則だ。起動ディスクを作らずに、ISOファイルを開いて直接「setup」を実行してもインストールは可能。その際、「引き継ぐ項目」を「何もしない」と指定すれば、新規インストールと同じになる。ただしフォーマットはできない。

DVDの場合はWindows 11のダウンロードページからISOファイルを入手して(図1)、エクスプローラーで空のDVDに書き込む(図2)。ISOファイルのサイズは5GB以上もあるので、容量4.7GBのDVD-Rメディアには書き込めない。-R DLまたは±R DLといった2層メディアを用意する。

図1 新規インストール用のDVDは、ディスクイメージを格納したISOファイルから作成できる。図6と同じWindows 11のダウンロードページを開き、「Windows 11 ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」から「ダウンロードを選択」を「Windows 11」にして「ダウンロード」を選ぶ(1)。言語を「日本語」にし「確認」を選択後(2)(3)、「64-bitダウンロード」をクリックするとISOファイルを入手できる(4)
図2 DVD-R DLまたはDVD±R DLといった2層の空ディスクを光学ドライブにセット。入手したISOファイルを右クリックして「ディスクイメージの書き込み」を選ぶ(1)(2)。書き込み先の光学ドライブを指定して「書き込み」を押す(3)(4)

USBメモリーは、マイクロソフトが配布するアプリ「メディア作成ツール」で作成する(図3)。中身が消えてもよい容量8GB以上のUSBメモリーを用意し、アプリの指示に従って作る(図4図6)。

図3 新規インストール用のUSBメモリーは「メディア作成ツール」で作成する。Windows 11のダウンロードページを開き「Windows 11のインストールメディアを作成する」にある「今すぐダウンロード」を押す
図4 ライセンス条項に同意後、「言語とエディションの選択」の画面ではそのまま画面下の「次へ」を押す。データ削除の事故を防ぐため、関係のないUSBメモリーやSDカードなどのリムーバブルメディアはパソコンから外しておく
図5 「使用するメディアを選んでください」の画面では「USBフラッシュドライブ」を選び、画面下の「次へ」を押す。ISOファイルも作れるが、直接ダウンロードしたほうが速い
図6 中身が消えてもよい容量8GB以上のUSBメモリーをパソコンに挿し、書き込み先としてそれを選ぶ。画面下の「次へ」を押すと書き込みが始まる

作成したDVDかUSBメモリーをパソコンに挿入して電源を入れると、簡易OS(ウィンドウズPE)が立ち上がってWindows 11のインストーラーが起動する。起動しない場合はパソコンの起動メニューから該当するメディアを選ぶ(図7)。起動メニューの表示方法はパソコンの取扱説明書やユーザーサポート情報などで確認してほしい。

図7 事前に作成したDVDやUSBメモリーを挿してパソコンの電源を投入すると、それらからWindows 11のインストーラーが起動する。起動しない場合は、パソコンの起動メニューを開いて目当てのメディアを選択する

インストーラーの序盤での操作は、Windows 10のインストーラーとまったく一緒だ(図8)。種類で「カスタム」を選ぶと新規インストールになる(図9)。内蔵ストレージにあるパーティションが一覧表示されるので、インストールする場所を選ぶ(図10)。

図8 DVDやUSBメモリーからパソコンが起動してWindows 11のインストーラーが起動する。言語やキーボードなどの設定はそのままに「次へ」を押し(1)、「今すぐインストール」をクリックする(2)
図9 ライセンス条項に同意後、インストールの種類を選ぶ画面で「カスタム」を選ぶ
図10 パソコンの内蔵ドライブ(パーティション)が一覧で表示されるので、名前や容量から判断してCドライブを選ぶ。内蔵ストレージを初期化する場合はフォーマットを実行する。これによりファイルシステムの障害を直せるが、内容がすべて消えるので注意する。初期化しない場合はインストール後に「Windows.old」というフォルダーが作られ、現在のOSと個人データがそこに退避されて30日間保存される。画面下の「次へ」を押すとインストールが始まる

内蔵ストレージに論理障害が疑われるときは、ここで「フォーマット」を押して初期化する手もある。ただし、その場合は個人データが消えるので、事前のバックアップが不可欠だ。なお、一部の最新パソコンでは、図10でパーティションの一覧が表示されない。その場合はインテルのページからドライバーソフトを入手して適用する。

ウィザード画面を進めると必要なファイルのコピーが始まり、完了すると再起動する。間違えてDVDやUSBメモリーから起動してしまった場合は、それらを取り外して再起動し直す。

次のページ
初期セットアップをやり直す