松山ケンイチさん 俳優を神聖視せず「3つの目」駆使

秋ドラマが出そろいました。『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の好発進が話題になるなか、日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』(TBS系)の視聴率も好調さを維持しています。

(イラスト:川崎タカオ)

このドラマは、小松左京による不朽の名作『日本沈没』(1973年)をアレンジし、2023年の東京を舞台に「関東沈没」という危機が迫るなかで見いだしていく「希望」をテーマにした物語です。

ドラマの中で、首相が発足した「日本未来推進会議」に経済産業省の代表として参加している、常盤紘一を演じているのが松山ケンイチさんです。常磐は大手財閥の父を持つことから産業界にも顔が利く有力な若手官僚で、日本未来推進会議では議長を務めています。

松山さんが演じる常盤の風貌や立ち居振る舞い、発する言葉からにじみ出る人物像は、いかにもデキそうな若手エリート官僚そのものです。私生活では自然豊かな地方に移住していることで知られている松山さん。その自然派とは程遠い都会の中心で高級なスーツを着てスマートに業務をこなすキャリア官僚になりきる姿からは、「変幻自在」な俳優としての風格が漂っているように感じます。

そもそも松山さんは、硬派な役からユーモアあふれる役に至るまで、多岐にわたる役柄を演じ分けることから「カメレオン俳優」とも称される俳優です。変幻自在に自らを操り、ドラマや映画で新たな魅力を見せてくれます。役作りに向けた体重の増減も変幻自在です。難病と闘い29歳の若さで亡くなった実在の棋士を演じた映画『聖の青春』(2016年)では、20キロも増量して見た目が別人化し、多くの観客を驚嘆させました。

おそらく視聴者の多くは、そんな松山さんについて、役者という職業が天職であり、自分とは全く異なる人物になりきる「憑依(ひょうい)型」の俳優である――そうした印象をお持ちだと思います。実際、私自身もずっとそう感じていました。

次のページ
父の仕事ぶりに畏敬の念