新MacBook Pro 極上ディスプレー、動画編集には最強戸田覚の最新デジタル機器レビュー

美しいディスプレーを搭載した新MacBook Pro。写真は14インチモデルで、公式オンラインストアでの販売価格は23万9800円から

Macユーザーが待ち望んでいた新しいMacBook Proが米Apple(アップル)から登場した。今回は一般ユーザーの仕事利用なども念頭に置きつつレビューする。

これまでのMacBook Proは13.3インチと16インチというラインアップだったが、ついに14インチモデルが登場した(引き続き16インチモデルもある)。これはMacBook Proもディスプレーの外縁部が狭い狭額縁になったことを意味している。

Windowsのモバイルノートでは、すでに狭額縁が当たり前になっており、ようやくMacBook Proも追いついた。その結果、13.3インチモデルとさほど変わらない本体サイズながら、14インチへとディスプレーが大きくなった。

ディスプレーは狭額縁になり、本体サイズの割に画面が大きくなった

ちなみに新MacBook Proは、画面の縦横比が約16対10で、一般的なノートパソコンよりも縦方向が広い。同じ14インチなら16対9のモデルよりも面積が広くて快適に使える。

ディスプレーのバックライトには「ミニLED」を採用した。これはバックライトの発光ダイオード(LED)を微細化し、LEDごとに点灯と消灯を切り替えることで明暗差をくっきり表現する技術。実際、新MacBook Proの表示は黒が締まっていて、とても美しい。

このディスプレーはこれまでのノートパソコンと比べると考えられないくらい明るい。持続輝度は1000カンデラ毎平方メートル、明暗差を表現するHDR(ハイダイナミックレンジ)時のピーク輝度は1600カンデラ毎平方メートルと、一般的なノートパソコンの2倍以上だ。

さらに、MacBookとしては初めて毎秒120回画面を書き換える「120ヘルツ(Hz)駆動」に対応した。状況に応じて画面の書き換え速度を変化させる「ProMotion(プロモーション)」機能を備える。これにより、ゲームやウェブページのスクロールでちらつきが少なく、とても見やすい。

解像度は、今回レビューした14インチモデルが、14.2インチで3024×1964ピクセル。16インチモデルは16.2インチで3456×2234ピクセルとなる。

画質は極上で文句なしだ。ノートパソコンが内蔵するディスプレーとしては現時点で最高品質と言えるだろう。写真や動画を編集するのにとても適している。映画を見ても、その美しさには目を見張る。

ノッチ付きになりデザインも変わった

賛否を呼んでいるのが、iPhoneのように画面の上部にノッチ(切り込み)が付いたことだ。この部分にウェブカメラを内蔵した。もちろんノッチがないほうが見た目は美しいし、使い勝手もいい。だが、アップルはノッチを設けてでもウェブカメラの画質を向上させたかった――と筆者は推察する。確かにMacBookのウェブカメラは以前から画質が優れていた。今回、あえてノッチを備えることで、その画質を落とさないよう配慮したのだと想像する。

ディスプレーはノッチ付きになった

ノッチを目立たせない画面レイアウトには、基本ソフト(OS)レベルで対応しているので、標準アプリを使っているぶんにはほとんど操作に気を使うことはない。サードパーティー製のアプリも徐々に対応するだろう。

新MacBook Proは本体のデザインコンセプトも少し変わった。カドの立った旧MacBook ProやMacBook Airとは異なり、全体に少し丸みを帯び、おだやかな形になった。少々「Pro」らしくないのは好みが分かれるところだろう。ただ、アルミ製の本体などは変わっていないので、すぐに慣れるはずだ。

全体にやや丸みを帯びたデザインに変わった
本体底面にはMacBook Proのロゴが彫り込まれている
次のページ
超高性能に驚かされるばかり
MONO TRENDY連載記事一覧