SKY-HI BE:FIRSTと別の道歩んだ3人、「幸せ」がカギ連載 SKY-HI「Be myself, for ourselves」(25)

日経エンタテインメント!

ここまで数回にわたって、SKY-HIが「THE FIRST」を振り返るシリーズを続けてきたが、今回は過去3回に続き、最終審査後のSKY-HIへのインタビューから未公開の話を紹介する。主役は「THE FIRST」の最終審査で「BE:FIRST」のメンバーに入らなかった3人だ。まずは、メンバーになった7人それぞれの選考理由を語ったSKY-HIに、「チームとしてなぜこの7人だったのか」を聞くと、「幸せ」が軸となるキーワードだったことが明確に分かった。[「BE:FIRST」や「THE FIRST」についてはこちら

SKY-HI(日高光啓)は新しいボーイズグループ結成のためにオーディション「THE FIRST」を開催した(写真:上野裕二)

「(現在のBE:FIRSTの)7人を選んだ理由は、シンプルにこれまで言ってきた『クオリティファースト』『クリエイティブファースト』『アーティシズムファースト』の条件に合うことが1つ。もう1つはグループの“5年後の形”がどうなっているかを考えてのことです。

“5年後の形”で描いていることはいっぱいあるんですけど、今言えることは、義理や情、『メンバーのことが好きだから』といったことではなく、『自分のエゴとしてこのチーム(BE:FIRST)を大きな成功に導きたい』と僕自身が思う状況が続くことがすごく必要だと考えています。だから本質的な部分で7人それぞれの『幸せ』と、最初に作るグループの『幸せ』の合致率の高さが一番大きいと思います」

最終審査10人まで進みながらBE:FIRSTとは別の道を歩んだ3人に関して「脱落した」「BE:FIRSTに選ばれなかった」と紹介してしまいがちだが、彼らに何か不足があったわけではなく、彼らの「幸せ」がBE:FIRSTのメンバーに入ることとイコールではなかったということだ。この時、BE:FIRSTに入らなかったメンバーも全員BMSGに所属した。ショウタ(現Aile The Shota)、レイコ(現REIKO)、ラン(現RAN)の3人。彼らは最終結果が単に“道の違い”であったことを証明するように、BE:FIRSTとほぼ同時進行で世の中に出ていった。

Aile The Shotaは9月7日・8日、SKY-HIのライブに客演、SKY-HIの『me time』にフィーチャリングで飛び入り参戦。その楽曲はSKY-HIの5枚目のオリジナルアルバム『八面六臂(はちめんろっぴ)』に収録された。THE FIRST中もそのアーティスト性が高く評価されていたAile The ShotaはBE:FIRSTのデビューシングル『Gifted.』のカップリング曲『First Step』の作家陣にも名を連ねている。未経験ながら圧倒的な歌唱力と驚異の成長力で最終審査まで進んだREIKOも、SKY-HIの『八面六臂』の収録曲『One More Day feat. REIKO(Prod. Matt Cab)』に参加。2人の場合、BE:FIRSTとは別の「幸せ」がSKY-HIに見えていたようだ。

エンタメ!連載記事一覧