ソニーのロボット「toio」 遊んでプログラミング学習

toioの本体セット。おもちゃの「toy」と、コントローラーのリングの形「IO」の組み合わせで「toio」になったという。キューブ型ロボットのサイズは底面と高さの辺がそれぞれ4センチメートルに満たない。どんな用途にもちょうどいい大きさを模索した
日経クロストレンド

家庭用ゲーム機「PlayStation(プレイステーション)」のハードウエア・ソフトウエアの企画開発・製造販売を手がけるソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)が2019年3月に発売したキューブ型ロボットトイ「toio(トイオ)」。小さなキューブをゲーム感覚で動かし、遊びを通じてプログラミングを体験でき、論理的思考力や創意工夫する力を育む知育玩具だ。「遊びを通じて」というところがソニーらしさで、ICT(情報通信技術)教育支援ツールとして高く評価され、各地の教育現場へ導入が進んでいる。

19年に開催したtoioの公式イベントの参加者は延べ1万6000人を超えた。21年4月にはSIE自らビジネスチャットツールの「Slack(スラック)」に公式コミュニティーの「トイオ・クラブ」を開設した。様々な立場の一般のユーザーやクリエイター同士の交流、作品の紹介ができる場を提供している。誰でも無料で参加が可能で、10月末時点での参加者は約500人に上っているという。

Slackに開設した公式コミュニティー「トイオ・クラブ」の画面。子供にプレゼントした親、自分のために買った大人、クリエイター、プログラミング教室の運営者など、多様なユーザーが集まってチャットをしたり、作品を発表したりしている

長く使えるから愛着が湧く

toioは「toioコンソール(以下、コンソール)」「toio コア キューブ(以下、キューブ)」「toio リング(以下、リング)」の3つで構成。コンソールに別売りの専用タイトルのカートリッジを差し込めば、手軽にいろいろなゲームを遊べる。モーターを内蔵した2台のキューブは、「レゴ」のブロックなどを組み合わせれば自分だけのロボットになる。キューブの動きを制御するコントローラーであるリングを使って、複数人でロボット対戦もできる。

次のページ
別売りの専用タイトルを用意している