『青天を衝け』主演の吉沢亮さん 発揮した「と」の力

吉沢亮さん主演のNHK大河ドラマ『青天を衝(つ)け』が佳境を迎えています。このドラマは、日本の資本主義制度、実業界を設計した渋沢栄一の一生を描いた物語。渋沢栄一は、幕末から明治へと変化する激動の時代に翻弄されながらも、「真正の利殖は仁義道徳に基づかなければ、決して永続するものではない」との理念を掲げました。また、「皆が幸福である」という近代日本のあるべき姿を求め続けた人物です。晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度も選ばれています。

年齢を重ねていく渋沢栄一を熱演

(イラスト:川崎タカオ)

今でこそ日本の資本主義の父とも呼ばれた人物として、その功績が広く知られるようになりましたが、「2024年度から新1万円札の顔となる」というニュースが流れた19年4月の時点では、財界人らビジネスパーソンはさておき、子どもたちも含めた一般的な知名度はそう高くありませんでした。しかし、大河ドラマをきっかけに、日本を代表する偉人の1人としての認知を得たのではないでしょうか。

その背景には間違いなく、渋沢栄一を演じた吉沢亮さんの熱演があるように思います。吉沢さんは27歳ながら、青年時代から年齢を重ねていく渋沢栄一を見事に演じています。

『青天を衝け』がスタートした当初、若年層のファンを持つ若手人気俳優としての吉沢さんの知名度は高かったのですが、大河ドラマ好きとされる中高年男性層の支持を得る俳優さんとは言い難い存在でした。それが、放送回を追うごとに世代や性別を問わず「渋沢&吉沢ファン」が増え続けました。

最終回は12月26日の予定ですが、ツイッターでは早くも「渋沢ロス&吉沢ロスになりそう」との声が数多く挙がっています。

次のページ
「と」の力が備わっている