日経エンタテインメント!

合宿メンバーとSKY-HIが15人でステージに(写真:ハタサトシ/「THE FIRST FINAL」より)

そして再び3次審査課題曲のw-inds.『Beautiful Now』をLEO(BE:FIRST)、REIKO、JUNON、RAN、TENが歌い上げる。ここで挟んだのはTEN、SOTA、SKY-HIの3人による『F-3』。タイトなラップが印象的なSKY-HIのソロ曲は、3人でパフォーマンスすることでダンスやユニゾンが加わり、別の魅力を見せてくれた。最後の3次審査課題曲SKY-HI『Sexual Healing』には、RUI、SOTA、RYUHEI(BE:FIRST)、RYOKI(BE:FIRST)、SHOTA、SHUNTOに加えてSKY-HI自身も参加。

3次審査のプレイバックを軸としたこのパートでは、スクリーンに当時の彼らのパフォーマンスも映し出された。記憶が蘇るとともに今ステージに立つ全員の大きな進化を感じさせた。

「THE FIRST」の仲間への思いを胸に

以降、観客はステージを通して「THE FIRST」をほぼ時系列で追体験する至福の時にますますどっぷりと浸かっていく。富士山合宿の1つ目「クリエイティブ審査」のステージは、チームC(SHUNTO、SHOTA、REIKO、RUI、TAIKI)の『YOLO』で幕を開け、次いでチームB(RYOKI、RYUHEI、JUNON、RAN、SHUNSUKE)の『Good Days』、チームA(LEO、SOTA、MANATO、TEN ※NAOKIは不参加)の『“A”Life』が続く。クリエイティブ審査は、15人のメンバーが3つのチームに分かれ、同一のトラックにメンバーたちが歌詞とメロディー、コレオグラフィーを創ったもの。「THE FIRST」のオーディションとしての独自性を世に知らしめ、注目度がぐんぐん上がった審査でもあった。

3曲のパフォーマンス後には不参加のNAOKIがVTRで出演。そして、合宿参加メンバーとSKY-HIが再びステージに現れ、始まったのはBE:FIRSTの『Kick Start』。BE:FIRSTのデビューシングル『Gifted.』のカップリング曲であり、BE:FIRSTの7人がクリエイティブ審査と同じトラックを使い、「THE FIRST」の仲間への思いを胸に、新たなメロディーと歌詞、振り付けで作り直した曲だ。この曲を全員が集ったステージで歌う姿は非常にエモーショナルだった。

曲の途中でSKY-HIが「いやあ、みんな最高だよ」「いろんな才能がいろんなところにいると思うんだけど、俺、やっぱ何回生まれ直しても君たちと出会いたいもん」と話すと、ボーイズも「僕たちもそうですよ」「俺らもですよ」と口々に返す。「THE FIRST」が彼の人生にとっていかに大きなものだったかに、改めて強く感じ入るものだった。その後、SKY-HIは1人ひとりと最初の頃の思い出を振り返っていった。

(次回へ続く)

ライブイベント「THE FIRST FINAL」
(写真:ハタサトシ/「THE FIRST FINAL」より)
 2月28日までHuluストアにて独占配信中。併せて見たいのが、ライブの裏側に密着した『BE:FIRST Gifted Days Road to THE FIRST FINAL』(Huluにて配信中)だ。また、BE:FIRSTの『Brave Generation』の本ライブのパフォーマンス映像は、2月28日までYouTubeチャンネルで公開している。先に公開されたLyric Videoは1週間で再生回数は約140万回、ライブのパフォーマンス映像は24時間で50万回を突破。プレデビュー曲『Shining One』、デビュー曲『Gifted.』とも異なるボーカルとダンスの表現に、BE:FIRSTの無限の可能性を感じさせる
SKY-HI(日高光啓)
『八面六臂(はちめんろっぴ)』
 1986年12月12日生まれ、千葉県出身。ラッパー、トラックメイカー、プロデューサーなど、幅広く活動する。2005年AAAのメンバーとしてデビュー。同時期からSKY-HIとしてソロ活動を開始。20年にBMSGを設立し、代表取締役CEOに就任。現在、21年10月27日にリリースしたオリジナルアルバム『八面六臂(はちめんろっぴ)』を引っさげた「SKY-HI HALL TOUR 2022-八面六臂-」のツアー真っ最中。ライブの映像は2月26日からHuluストアにて独占配信される。

【過去の記事一覧と「BE:FIRST」についてはこちら

(ライター 横田直子)