常に「人が足りない」と、嘆く部署ができていないこと

日経クロステック

日経クロステック

キャリアアップや人間関係構築、給与などの待遇面、転職や起業――。技術者の多くは、自分の働き方について様々な悩みや不安を抱えています。人事コンサルタントとして様々な企業の職場活性化を支援する天笠淳さんが、こうした不安を解消し、働く楽しみを見いだすための具体的な方法を紹介します。

「人が足りない」という悩みを抱える職場はたくさんあります。なぜ常に人が足りないのでしょう。どうして自分の部署には人が配属されないのでしょうか。

部署によっては、新入社員が配属されるでしょう。待ちに待った期待の新人ですから、こまめにコミュニケーションしてモチベーションを引き出し、しっかり成長させてあげてください。最初は手間がかかっても、そのぶん成長してくれれば結果的に指導役も楽になります。

ただし、新人が一人前の働きをしてくれるようになるにはそれなりの時間がかかります。それまでの間は、既存の人材を融通して人手不足を解消する必要があります。

次のページ
「明るく元気な人が欲しい」と言われても