ももクロ高城れに 仕事への「欲」が出てきた2年間ももいろクローバーZ高城れに×川上アキラ(後編)

日経エンタテインメント!

スタジアムクラスの大会場から、地方都市のホールまで、大小様々な会場でバラエティ豊かなライブを繰り広げるももいろクローバーZ(ももクロ)。有観客のライブが自由に開催できなかったこの2年間は、VR(バーチャルリアリティ)やXR(クロスリアリティ)などの新技術を生かした配信ライブや、メンバーそれぞれの個別活動など、今、できることは何かを考えながら活動してきました。その2年間をももクロの生みの親、川上アキラ氏が振り返った単行本『ももクロ流 2020-2021』が発売されます。それを記念して、川上氏と高城れにさんのインタビューをNIKKEI STYLEに転載します。現在発売中の『日経エンタテインメント!』2022年1月号の連載には掲載しきれなかった部分も入った「完全版」です。「ももクロ高城れに 今までの活動は全部つながっている」に続く後編では、2年間の活動を振り返ります。

ももいろクローバーZの高城れに(写真:中川容邦)

2年間で増えた仕事の引き出し

――連載をまとめた4冊目となる単行本『ももクロ流 2020-2021』が発売されます。ライブの復活が見えてきた今、新型コロナウイルスが広がった2年間を振り返る形です。この単行本で改めて高城さんの活動を振り返ったのですが、VRライブから始まって、ドラマの主演、旅モノのテレビ番組出演、そしてソロアルバムなど、大活躍の2年間でした。

高城 ありがたいですね。全部印象に残っています。自分のなかでも仕事に対する考え方や感じ方が変わった2年だったと思います。いい意味で欲が出てきたと思うんです。

川上 いいですねえ。

高城 同時に、なんでこれができないんだろう、うまくいかないんだろうという自分に足りない部分もはっきり分かるようになってきたんです。1つひとつの仕事で思うことが違うんですけど、例えばソロアルバムの後に出させていただいた歌番組などは、もっと落ち着いてできたんじゃないかなって。本当に緊張しいなんですよ。そこを克服したいんです。

川上 僕なんか早起きした朝、テレビをつけたら高城さんが歌っているのを見てびっくりしました(笑)。その後、氷川きよしさんが出てこられたから、改めてソロで歌番組に出るってすごいなあと思ったんです。ディレクターの考えに沿ったパフォーマンスをしていたし、立派なもんだなあと見ていたのですが、そうですか、もっとできましたか(笑)。向上心がおありなのは素晴らしいですよ。あと、高城さんは2年間で一度も体調を崩されなかったですよね。言わなかっただけかもしれませんが(笑)。

高城 崩してません。