日本独自の傾向も

同社は国ごと・性別ごとの件数も集計しているが、そこからはユニークな傾向がいくつか見つかった。例えば米国で12位に入った「iloveyou」。女性の利用件数(22万2287件)が男性(9万6785件)の2倍以上だった。逆にカナダで11位に入った人気スポーツ「hockey」(ホッケー)は男性の利用件数(2万6055件)が女性(8324件)の3倍以上だった。

では、日本では、どんなパスワードが利用されているのだろうか。

日本のランキングで1位となったのは「password」(世界では5位)、2位は「123456」(同1位)、3位は「123456789」(同2位)、4位は「12345678」(同6位)と上位の顔ぶれは世界ランキングと大きな違いはないが、5位に世界では31位の「1qaz2wsx」が入ったのが目を引く。「1qaz2wsx」は、キーボードを1から縦に2列分打った文字列だ。縦書き文化の影響だろうか。

理由はわからないが、日本で6位になった「member」や7位の「asdfghjk」はいずれも世界では200位以内に入っていない。これも日本独自の傾向だ。日本で19位の「zaq12wsx」も世界ランキングでは圏外だ。「asdfghjk」と「zaq12wsx」は、やはりキーボードの配列通りに文字を入力したものだ。

日本のランキングでは、日本語や日本人の名前に由来する文字列も目立つ。15位の「sakura」、21位の「takahiro」、28位の「doraemon」、31位の「masahiro」などで、いずれも世界の200位以内には見当たらない。自分の名前をパスワードに使う人が多いのは世界共通の傾向だが、日本にはタカヒロさんやマサヒロさんがそんなに多いのだろうか?

このほか「inuyasha」(日本の女性の11位)、「hellokitty」(同33位)など女性に限ると上位だが、男性では上位200位に入らなかったパスワードもあった。これらはアニメのタイトルやキャラクター名由来だろう。

次のページ
とにかくパスワードは複雑に