タイ王室が愛した磁器が復活 村の失業者が一念発起

ナショナルジオグラフィック日本版

かつてタイの上流階級だけが手にできたベンジャロン焼。本物は、熟練の職人によって何日もかけて製作される(PHOTOGRAPH BY RONAN O'CONNELL)

緻密な絵柄が描きこまれた磁器「ベンジャロン焼」は、かつてタイの上流階級だけが手にできる逸品だった。18世紀から19世紀にかけて、裕福な女性たちはベンジャロンの箱に宝石をしまい、王族たちはベンジャロンの繊細な器で食事をし、首都の王宮にはベンジャロンの大きな花瓶が飾られていた。

20世紀初頭には、ベンジャロン焼の欠片を使ったモザイクが、ワット・アルンをはじめとするバンコクの仏教寺院を飾るようになった。しかし、生産量が増え、一般の人にも手が届くようになったのもつかの間、ベンジャロン焼は廃れ、生産は途絶えてしまった。

バンコクで最も有名な観光地の1つ、ワット・アルン寺院。ベンジャロン焼のモザイクで覆われた見事な尖塔が、夕暮れにさん然と輝く(PHOTOGRAPH BY MARINA PISSAROVA, ALAMY)

今日、ベンジャロン焼があるのは、1980年代にその伝統を復活させた村があったからだ。バンコクの西約30キロに位置するドンカイディー村は、バンコク大学の東南アジア陶磁器博物館のアシスタント・キュレーターであるアタシット・スッカム氏が、「本物のベンジャロン焼を入手することができる唯一の場所」と表現するまでになった。

村には約100人の職人からなるコミュニティーがある。新型コロナとの闘いが続く中、人々はその希少な技術を再び世界に見てもらいたいと考えている。2021年11月1日以降、ワクチンを接種した旅行者は検疫隔離なしでタイを訪れることができる。ドンカイディーの職人から直接ベンジャロン焼を購入したり、バンコクの王宮で精緻な装飾品を鑑賞したりすることができるのだ。

ルーツは中国に

ドンカイディー村が受け継いでいるのは、中国とタイの密接な関係から生まれた伝統だとスッカム氏は語る。

「タイのアユタヤ王朝(1350~1767年)末期に輸入された磁器がベンジャロン焼の始まりです」と同氏。「初期のベンジャロン焼は、タイの王室が中国に注文したものでした。中国南部で作られ、中国のデザインが施されていました」

描かれているのは中国の伝統的なモチーフである花や魚、山など。タイ独自の影響は、その配色に見られる。タイ王室は、中国から輸入する磁器を全て、白・黒・緑・赤・黄の5色で装飾するように統一させたのだ(「ベンジャ」は「5」、「ロン」は「色」を意味する)。

国王ラーマ5世の治世(1868~1910年)には、絵付けのない磁器が輸入され、タイ国内で独自のデザインが施されるようになった。20世紀初頭には、国王の命により、ベンジャロン焼は上流階級だけのものではなくなった。やがて、工房がタイ各地に誕生し、広く普及していった。

しかし、1910年にラーマ5世が亡くなると、ベンジャロン焼の勢いも衰えたとスッカム氏は言う。20年後には、生産は完全に途絶えてしまった。しかし、その理由は謎に包まれている。「ベンジャロン焼が消えていったことや、その理由を記した記録はありません」とスッカム氏は話す。

ドンカイディー村の職人たちは、9つの工程をへて1つのベンジャロン焼を作り上げる(PHOTOGRAPH BY RONAN O'CONNELL)

9つの工程

ベンジャロン焼が復活したのは、1982年にバンコク近郊の陶磁器工場が閉鎖したことがきっかけだった。ウライ・タンゲウム氏は、サムットサーコーン県にあったこの工場が閉鎖された際に、失業した数十人のタイ人職人の1人だ。

タンゲウム氏は、自分の不運を嘆くことなく、一念発起した。ベンジャロンのデザインを研究し、工場から仕入れた無地の磁器に絵付けをし始めた。この忘れられていた製品を評価してくれる人たちがいることがわかると、今度は窯を購入した。ゆっくりと時間をかけ、タンゲウム氏は、ベンジャロン焼の全ての工程をカバーする工房を、やはりサムットサーコーン県にあるドンカイディーに作り上げた。それから40年近くがたち、工房は何十人もの職人が技術や知識を共有する協同組合となっている。

次のページ
不透明な未来