VTuber事業に続々参入 50人超デビュー目指す事務所も

「VEEバーチャルタレントオーディション」の応募条件は性別、容姿、得意ジャンル、配信経験、国籍など一切不問だった
「VEEバーチャルタレントオーディション」の応募条件は性別、容姿、得意ジャンル、配信経験、国籍など一切不問だった
日経エンタテインメント!

イラストで描かれたキャラクターがYouTubeで配信を行うバーチャルYouTuber(VTuber)の展開が、エンターテインメント界で広がりを見せている。

スターダストプロモーションは7月、バーチャルタレント事業を担う新レーベル「スターダストバーチャルスタジオ(SVS)」を発足。所属俳優やタレントのバーチャルキャラクターを制作、個人で活動するVTuberとも業務提携していく。日本テレビもVTuber事業「V-Clan」を設立。さらにYouTuberのヒカキンがVTuberとしても活動することを発表。ホロライブEnglishの一員として、英語圏のファン向けにゲーム配信などを行うGawrGura(がうる・ぐら)はVTuber史上初のチャンネル登録者数300万人を達成し、海外からの注目度も高いなど、話題は尽きない。

活況を呈するVTuber界だがソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)は、次世代のバーチャルタレントを発掘・サポートする新プロジェクト「VEE」の始動を発表し、本格参入を打ち出した。

SMEがVTuber事業に乗り出した背景には、自社のソーシャルクリエーターレーベル「Be」の存在がある。2020年6月よりYouTuberの運用・マネジメント業務を目的として動いていた「Be」プロジェクトだが、そのなかから「VTuber専門の事務所を作りたい」という案が上がり、「VEE」が産声をあげた。

SME傘下のソニー・ミュージックレーベルズの社内レーベル・SACRA MUSICには輝夜月(かぐや・るな)、月ノ美兎(つきの・みと)といったVTuberがアーティスト活動を行っているが、「VEE」が目指すのはアーティストの発掘ではなく、様々な才能が集結するバーチャルタレント事務所の設立。

「レーベルだと音楽となるが、VTuberの持つ個の面白さ、例えば将棋を指すでもいいし、様々な才能を発掘したい。その上でタレントの能力を引き出せるよう、マネジメント業務に注力していく」とVEE事務局(以下同)は語る。

オーディションは募集が始まると、プロモーションを大々的に行っていないにもかかわらず、約3週間で数千件の応募があった。

エンタメ!連載記事一覧