賀来賢人さん『TOKYO MER』医系技官に学ぶキャリア道

季節は移り変わり、秋ドラマを楽しむシーズンを迎えました。そうしたなか、7月期ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)が米ウォルト・ディズニーの動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」で、日本のドラマとしては初めて世界配信されることが話題となりました。[以下、ドラマの内容や結末について触れている記述もあります]

(イラスト:川崎タカオ)

このドラマで、厚生労働省からMER(モバイル・エマージェンシー・ルーム)に派遣された厚生労働省の医系技官(医師免許を持つ技術系行政官)の音羽尚を演じたのが、賀来賢人さんです。TOKYO MERとは、ドラマのなかで東京都知事の命で新設された救命救急チームの名称。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両でこの救命救急チームが大きな事故や災害の現場に駆けつけ、命を救うためにリスクを背負いながらも活躍していく姿を描いた物語です。

最終話は、そのMER存続の可否の決定を下す最終審査会が開かれ、大物政治家である与党・民自党の幹事長らの策略により、MERが解体の道をたどろうとしているという内容でした。賀来さんが演じた音羽は解体に向け、存在意義の有無について証言する役目を担うことになります。医師であり官僚でもある音羽は、存続と解体の間で常に揺れ動いてきました。組織人として生きようとしながら葛藤する音羽の苦悩を見事に表現していた賀来さんに対し、ツイッター上では「音羽先生そのものにしか見えない」などと、高評価の声が上がっていました。

力を得るためには多少の妥協も必要

ドラマの主人公であるスーパー救急救命医・喜多見幸太は「待っているだけじゃ、救えない命がある」という信念と理想を抱き続ける人物でした。

これに対して音羽は、組織のなかで自身や周囲の立場を常に考えながら立ち回る中間管理職的な役どころ。ビジネスパーソンにとって、最も共感しやすい登場人物だったように思います。

音羽は誰もが安心して暮らせる医療体制を整備するために、まずは官僚として出世し、決定権を持つ役職に就くことで、理想的な社会を築こうとしています。そのためには、自身が力を得ることが最善策であり、権力者になびくことも、多少の妥協も必要であるという考えの持ち主です。

正義感を押し殺し、権力者側につきそうになる場面も多々あり、そうした状況になる度に、音羽が苦悩する様子も描かれていました。仲間を危険にさらすなかでの救命活動が本当に正しいのか、という迷いも持ち続けていました。

次のページ
自分を曲げざるを得ない場面も