Windows11の標準アプリ 写真と時計の機能が充実

2021年10月5日に正式リリースされた新OS「Windows 11」では、標準アプリも改善されている。主だったものを見ていこう。

一覧をサムネイル表示できるようになった「フォト」

機能が大きく強化されたのが写真閲覧用アプリの「フォト」。写真を閲覧する際、同じフォルダー内にある写真の一覧がサムネイル表示されるようになった(図1)。サムネイルをクリックして写真を切り替えられるので使いやすい。サムネイルは左右にスクロールする。

図1 Windows 11の「フォト」は、写真を開いた際、同じフォルダー内にある写真のサムネイルが画面下部に表示されるようになった。サムネイルをクリックして写真の切り替えが可能。複数の写真を大きく並べることもできる

複数の写真を並べて閲覧できるのも大きな改善点。サムネイルにチェックを付けると、単独表示から複数表示に切り替わる(図2図3)。たくさんある写真の中からいくつかをピックアップしたいときに重宝する。写真の数が増えるとその分、小さく表示されてしまう点にさえ注意すれば、使い勝手は上々だ。複数選択を解除するときは「Esc」キーを押すのが手っ取り早い。

図2 複数の写真を並べるときは、画面下部のサムネイルにマウスポインターを合わせたときに現れる「□」にチェックを付ける。これで表示中の画像とチェックした画像が同時に表示される
図3 チェックしたサムネイルの数が増えるほど、同時に表示される写真の数が増えるが、スペースに限りがあるので個々の写真は小さくなる。チェックを外した写真は表示されなくなり、「Esc」キーを押すと複数表示を解除できる

パソコン作業を管理する新機能「クロック」

Windows 10の「アラーム&クロック」アプリは「クロック」に改名し、新たに「フォーカスセッション」機能が追加された。これは「60分の作業をする間に5分間の休憩を取る」といったスケジュールを組んでアラームを出す機能(図4)。フォーカスセッションを開始するとタイマーがカウントダウンし、0になると休憩時間のタイマーに切り替わり、休憩が終わったら作業時間のタイマーが再セットされるといった具合だ(図5)。

図4 「クロック」(旧名:アラーム&クロック)に新たに追加されたのが「フォーカスセッション」。これはパソコンの作業時間を管理するための機能で、「60分の作業の間に5分間の休憩を挟む」といったスケジュールを組んでアラームを出せる。「To Do」や「Spotify(スポティファイ)」と連携させることも可能だ
図5 60分のフォーカスセッションを開始した場合は、前半(27分30秒)→休憩(5分)→後半(27分30秒)と進み、それぞれタイマーが残り時間を表示する(1)。休憩や作業の再開、終了のときは通知が表示される(2)

「To Do」アプリや「Spotify(スポティファイ)」アプリとの連係もでき、ウィンドウが邪魔ならミニ画面にも切り替えられる(図6)。

図6 図5上のタイマーの右上にあるボタンをクリックすると、フォーカスセッションの画面を小型化できる
次のページ
キャプチャーアプリは複数画面に対応
MONO TRENDY連載記事一覧