がん治療後の不調を改善 支えるのは専門運動指導士がんになっても働き続けたい~ルネサンス運動支援センター(上)

日経Gooday

日経Gooday(グッデイ)

がんになった人が元気に仕事をするためには、体力の回復や体の不調の改善は重要だ。以前の記事「どんな『がん』でもリハビリ大事 体の機能低下を防ぐ」でがんのリハビリテーションの大切さをお伝えしたが、大阪にあるルネサンス運動支援センターでは、大阪国際がんセンター認定がん専門運動指導士が、運動を通じてがん患者の職場復帰やQOL(生活の質)の改善を支えている。

自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けるためのヒントを探るシリーズ。ルネサンス運動支援センターの責任者、沖本大さんにがん患者の体をサポートする取り組みを聞いた。

退院後にがん患者が運動できる場所として開設

――がん患者に特化したルネサンス運動支援センターは、大阪国際がんセンターの敷地内に2019年6月に開設されました。このような施設があることを私は最近知ったのですが、まず、運動支援センターができた経緯をお聞かせください。

大阪国際がんセンター

沖本さん もともとは、大阪国際がんセンターの医師をはじめとした医療スタッフの皆さまが、入院中にリハビリを受けたがん患者さんの退院後の運動継続について、とても気にかけておられたことに始まります。この10年ほどで、がんは入院治療から通院治療が中心になりましたが、現在のがん患者さんのリハビリは基本的に入院期間中に行われ、退院後にリハビリや運動をしたくても適した場所があまりなかったからです。私たちルネサンスは、総合スポーツクラブや介護リハビリ施設などを運営し、企業や自治体に出向いて健康づくりを支援する活動にも取り組んでいることから、がん患者さんの退院後の運動支援ができるのではないかとルネサンス運動支援センターを開設することになりました。

――大阪国際がんセンターとは、どのように連携を取っているのですか。

沖本さん 病院内に運動支援センターの取り組みを推進するプロジェクトチームを作っていただき、整形外科など3人の医師やリハビリテーション科の理学療法士、看護師の方々が参加してくださっています。私たちの活動を定期的に報告したり、悩み事が出てきたときにはアドバイスを受けたりしています。大阪国際がんセンターは公的な医療機関ですし、民間事業者である弊社と個人情報の連携をすることはできません。病院内にパンフレットを置くなどして、運動支援センターでの運動の推進を働きかけてくださっています。患者さんの病気や治療内容などは、運動支援センターでイチからお聞きしています。

一人ひとりの体の状態を見ながらマンツーマンで指導

――ルネサンス運動支援センターは、どのような特徴のある施設でしょうか。

沖本さん がんやがんの治療によって起こる体の痛みや不調などを運動で解決に導くことができ、大阪国際がんセンターリハビリテーション科で技術指導を受け、専門知識・スキルを持つスタッフがいることです。当初はどのような形で運動指導するのがよいかを試行錯誤しましたが、今は一般のスポーツクラブでもパーソナルトレーナーが普及してきており、私たちもマンツーマンが適していると判断し、一人ひとりの体の状態に合わせて運動指導をしています。

次のページ
全国にがん専門運動指導士を輩出しサバイバーを支援