Windows 11で必ず使いたい 5つの注目新機能

10月5日に正式リリースされた新OS「Windows 11」で注目したい改良点を5つピックアップして紹介する(図1)。注目度の星マークも添えたので、11導入時の参考にしてほしい。

図1 Windows 11の新機能は「チャット」や「ウィジェット」だけでなく、Cドライブのゴミを削除する「クリーンアップ対象候補」など便利なものが多い。ここでは、11で新搭載&強化された機能の中からえりすぐって解説する

「チャット」は11で標準となったビデオ会議アプリ「Teams(チームズ)」を利用して、ビデオ通話やチャット(文字による会話)をする機能。星5つとしたのは、テレワーク全盛のご時世を鑑みてのこと。タスクバーの「チャット」ボタンから相手を呼び出せる機動力はまさにテレワーク向きだ。一度通話した相手は履歴に登録されるので、次回からは素早く呼び出せる。

ビデオ通話(会議)を行うときは、図2で「会議」をクリックしてルーム(会議室)を作成し、相手(参加者)に招待メールを出す(図3図5)。初めてチャットをする相手には「チャット」ボタンから招待を送る(図6図7)。

図2 チャット機能でビデオ通話会議をするときは、タスクバーのボタンをクリックし(1)、上にポップアップした画面で「会議」をクリックする(2)。上は初めて開いたときの画面で、2回目以降は「連絡先を同期」がなくなり、通話やチャットの履歴が表示される
図3 「Teams(チームズ)」のビデオ通話の画面が開く。ビデオの設定画面が現れたらマイクとカメラをオンにして(1)、「今すぐ参加」をクリック(2)。続く画面でビデオ通話に招待する方法を選ぶ。メールで案内を送る場合は「既定のメールによる共有」を押す(3)
図4 招待メールの作成画面が開いたら、必要に応じて本文を書き換え、宛先のメールアドレスを入力して送信する
図5 招待された相手がメール内のリンクをクリックすると、参加の許可を求める画面がこちら側で開く。そこで「許可」を選ぶと、このようにビデオ通話が始まる。ビデオ通話を終了するときは「退出」を押す
図6 チャット(文字による会話)をするときは、図2で「チャット」を押してこの画面を開く。「新規作成」欄に相手のメルアドを入力し、「Enter」キーを押して何かメッセージを入力すると、最初は相手に招待メールが送られる
図7 相手が応答してメッセージを書くと、チャット画面上に互いのメッセージが表示される。自分が書いた内容は右側、相手のものは左側だ。新しいメッセージは下に追加されていく
次のページ
新手のクリーンアップは「ゴミかもしれない」を提示
MONO TRENDY連載記事一覧