がんと仕事の両立 何でも言える社内のムードが大切がんになっても働き続けたい~サッポロビール 村本高史さん(下)

サッポロビールとアフラックは、がん経験者の社内コミュニティ同士で交流会を行った。
日経Gooday(グッデイ)

2人に1人ががんになる時代。がんと付き合いながら仕事をするには、職場の理解が重要だ。とはいえ、「うちの会社には特別な制度はないし…」という人も少なくないだろう。制度はあるにこしたことはないが、職員の働きかけから新しい取り組みが生まれ、自分らしく仕事ができる環境を作れることもある。

自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けるためのヒントを探るシリーズ。前編「がん再発を経験した元部長の『自分だからできること』」では、サッポロビールのプランニング・ディレクター、村本高史さんに自身のがんと仕事について聞いた。後編では、社内で進めている治療と仕事の両立支援について伺う。

両立支援のための取り組みに積極的に加わる

――サッポロビールでは、がんなどの治療と就労の両立支援ガイドブックを作られ、村本さんも制作に携わったと聞きました。どのような経緯で始まったのですか。

社内のイントラネットに掲載している「がんなど治療と就労の両立支援ガイドブック」の画面

もともとのきっかけは2017年に、健保組合のデータからがんの検査や治療をした職員が予想以上に多いのが分かったことです。人事部として治療と仕事の両立支援に対応できているのかということになり、社内制度や復職までのステップをまとめたガイドブックを作ることにしたのです。実はこの時、私は違う部署にいたので、ガイドブック作成のことを知りませんでした。たまたま社内の保健師さんと話す機会があってガイドブックの話を聞き、「私も一緒に制作に入らせてほしい」とお願いし、がん経験者としての意見を申し上げました。

このガイドブックでは、出社しながら治療を続ける場合と、会社を休んで治療を行う場合を併記しています。パワーポイントで作り、社内のイントラネットに掲載し、誰でも見られるようになっています。がんになった本人向けに作成していますが、パワーポイントのノート機能(補足などをメモできる)を使い、上司向けに社員を支援するコメントを入れました。社内の相談窓口だけでなく、社外の相談先も記載しています。

――両立支援に関する取り組みは、他にもありますか。

当社は以前からダイバーシティや働き方改革に関した取り組みを行っていて、コアタイムなしのスーパーフレックス制度や時間単位の有休制度、テレワーク制度などを導入し、働きやすい制度が充実しています。ただ、短時間勤務制度は育児や介護との両立には使えたものの、治療との両立だと対象外でした。がんになった社員から「治療の時に短時間勤務制度が利用できればよかった…」という話を聞き、そうした声があるなら整備しておいた方がいいと思い、治療短時間勤務制度を提案し、労使交渉を経て、2019年1月に導入されました。

この制度はがん、脳卒中、心疾患などの身体疾患(短期的に治癒するものを除く)やケガが対象です。1日あたり2時間の短縮を上限とし、1回あたり1カ月以上2年以内で利用できます。

次のページ
がん経験者の社内コミュニティ「Can Stars」を立ち上げ
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント