中国アニメの吹替版『天官賜福』 心情を繊細に描く

日経エンタテインメント!

7月から日本のテレビ・配信で展開中の中国アニメ『天官賜福(てんかんしふく)』が話題を呼んでいる。2017年から連載が始まった中国の墨香銅臭(モーシャントンシウ)による同名ファンタジーWeb小説を原作に、20年に動画配信サービスbilibiliがアニメ化。8月現在、総再生回数は4億回を突破している作品の日本語吹替版だ。

『天官賜福』 アニメーションは、中国の2Dアニメ制作をけん引する絵夢(エモン)動画が担当。日本語吹替版がTOKYO MX日曜21時30分他で放送中。ABEMA他で配信中 (C)bilibili

物語の舞台は、架空の古代中国。仙楽国の太子・謝憐(シェ・リェン)は天賦の才を持ち、人々を救うことを志して修行を積み武神となった。しかし、彼は2度も天界から追放され、800年後の世界では、彼に祈りを捧げる者はいない。謝憐は功徳を集めるべく、人々の住む外界に降りてコツコツとガラクタ集めをしながら神官として出直す。そんなある日、三郎(サンラン)と名乗る不思議な少年と出会うのだが――。

日本版はソニー・ミュージックソリューションズとアニプレックスが手掛けており、その立役者の1人であるアニプレックスの黒崎静佳氏は、原作のWeb小説に夢中になった。19年にbilibiliの新作ラインアップとして『天官賜福』のPVを見て、すぐに日本版制作に動いたという。黒崎氏は『天官賜福』の魅力は大きく2つあると話す。

「1つはアニメとしてのクオリティーの高さ。風になびく髪や服など、線を極力シンプルにしながらシルエットで見せたり、影に寒色を使うなど、昨今の日本の女性向けアニメのトレンドと似た部分もあり、洗練されている。日本でも多くのユーザーに訴求できると感じた部分です。

もう1つはキャラクター同士の関係値の変化が丁寧に描かれている点です。日本のアニメは各話で起承転結を作りながら展開させる作品が多いのですが、本作は心情を繊細に描いていく。『彼らがこれからどこへ向かうのか』『2人の間に何が起こっていくのか』など、キャラクターの視点に立った見方ができるのも、最近の日本のアニメにはないシナリオで、面白いと感じました」

(C)bilibili
次のページ
ローカライズの将来性
エンタメ!連載記事一覧