日経Gooday

少量の飲酒でも脳が縮む可能性が明らかに!

先ほどの研究では、英国の中高年3万6678人を対象に、脳のMRI(核磁気共鳴画像法)の画像を解析した結果、少量の飲酒、つまり1日に純アルコール換算で8~16g程度でも、習慣的な飲酒により脳が萎縮し、悪影響がある可能性が示唆されている。ビール1缶(350mL)が純アルコール換算14g程度であり、日本では1日20g程度が健康を害さない「適量」の飲酒だといわれているから、酒飲みにとって8~16gというのは、本当に「ほんの少し」の量なのだ。

先生、酒飲みにとっては見逃せない論文が発表されましたが、この結果をどうとらえたらいいのでしょうか?

「今回の論文では、確かに少量の飲酒を継続した人でも脳が萎縮していますが、肉眼で見てもほとんど分からない、解剖学的には非常にわずかな萎縮です。研究方法は正しいと思います。しかし、ソフトウエアで解析した結果、萎縮していることが明らかになっているものの、認知機能にどの程度影響があったのかについては言及されていません」(柿木氏)

「肉眼では分からない程度の萎縮」と聞いて、ほんの少しだけ心が軽くなる。だが、わずかでも萎縮していることには変わりない。それにより、認知症のリスクが上がるのではないかと心配してしまう。

「繰り返しになりますが、論文では認知症のリスクがどのぐらい上がるかについては触れられていません。そもそも、お酒をたくさん飲む人の脳は、飲まない同年代の人の脳と比べて、10~20%ほど萎縮していることが多い、という研究は以前からありました。しかし、そういった研究でも、アルコールによる脳の萎縮で認知症のリスクが大きく上がったとはいえなかった。今回、少量飲酒でもわずかに脳が萎縮するということが明らかになったわけですが、やはり認知症のリスクが上がるとは考えにくいでしょう。このレベルの飲酒であれば何の問題もありません」(柿木氏)

柿木氏の力強い「何の問題もありません」という一言で、一気に不安が解消され、「よし、今夜も飲もう」と思うことができた。

アルツハイマー型認知症でも脳の萎縮は起きているが…

我々のような酒飲みは、日常のちょっとした物忘れでも「アルコールによる認知症か?」と心配になってしまうのだが、その可能性は低いということか。だが、酒飲みが将来の認知症を全く心配しなくていいのかというと、そうではないだろう。アルコールと認知症の関係について、もっと詳しく知りたい。

「認知症とは、何らかの原因によって脳の認知機能が低下し、日常生活に支障が出る状態を指します。アルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型、前頭側頭型などの種類があります。アルツハイマー型は、脳にアミロイドβなどのたんぱく質が異常に蓄積し、記憶をつかさどる海馬を中心に萎縮が起きます。脳血管性は、脳梗塞やくも膜下出血などが原因で脳に障害が起きるもの。レビー小体型は、レビー小体というたんぱく質が脳に蓄積します。前頭側頭型は、理性をつかさどる前頭葉と、言語をつかさどる側頭葉が萎縮することで、認知症になります」(柿木氏)

つまり、アルツハイマー型認知症や前頭側頭型認知症などでも脳の萎縮が起きているわけだが、それらでは海馬や前頭葉、側頭葉など、脳の認知機能にとって“要”となる部位が萎縮している。それに対し、アルコールによる脳の萎縮は、「脳全体」に起きているのが特徴だという。

「アルコールの大量摂取が原因と考えられる『アルコール性認知症』もありますが、非常に限られたケースです。それも、飲酒で脳が萎縮したことで認知症になるのではなく、飲酒や塩辛いつまみを食べ続けたりすることで起こる『多発性脳梗塞』などの脳血管障害が主な原因です。肥満や血管性の病気もなく、ごく普通にお酒を飲んでいる人であれば、まずアルコール性の認知症にはならないと考えていいでしょう」(柿木さん)

次のページ
脳の萎縮は避けられない加齢現象のひとつ