北海道の食材ふんだんイタリアン 喉ごしとろけるピザ

「北海道マルゲリータ」(1480円)

「北海道イタリアン」というテーマで人気となっている店がある。店名は「ミア・ボッカ」。店名は違うが、同じコンセプトの店を含めると、東京圏と札幌で15店になる。

北海道の食材を中心にした料理を出しているカジュアルなイタリア料理店だ。北海道の食材といえば、イクラやウニ、コンブなどの海産物、牛乳やバターなどの酪農製品を思い浮かべるが、農作物も豊かだ。

ジャガイモはもちろん、タマネギ、ニンジンは収穫量が全国でトップ。実はカボチャもトップとなっている。そして意外と知られていないのが、小麦の収穫量。農林水産省によると、2020年の小麦収穫量94万9300トンのうち、北海道は62万9900トンを占める。日本は食料自給率がカロリーベースで約37%と低く、多くを海外からの輸入に頼る。小麦も例外ではなく、自給率は約15%。その貴重な国産小麦のうち、北海道のシェアは実に66%に及ぶのだ。

「ミア・ボッカ」は北海道をコンセプトにしたイタリア料理店

「ミア・ボッカ」は、北海道産のこうした豊かな食材を生かして、イタリアンを展開している。考えてみると、こうした発想は意外になかった。多くのイタリアンは、「イタリア修業経験のあるシェフが作る本場の味」系か、安さと使い勝手の良さを売りにした店ばかり。実は面白い立ち位置にいるのだ。

21年8月に開店した「ミア・ボッカ」池袋東武店(東京・豊島)を訪れた。東武百貨店池袋店にある、「SPICE」と呼ばれる5階層のレストラン街の一つ、カジュアルレストランフロアにある。平日の午後2時前。入りやすいだろうと思って行ったのだが、意外に客がいる。さすがにパンパンではなかったが、ちょっと驚いた。

客は女性が多数を占める

そしてびっくりするほど女性客が多い。30代から50代くらい。買い物ついでに店を訪れる、いわゆる「マダム」だ。上のフロアには「四川飯店」などの有名店もあるが、それに負けない入り。イタリアンの強さか。

売り物の「北海道マルゲリータ」(1480円)を注文する。トッピングのモッツァレラチーズはもちろん、生地も北海道産小麦100%。これがほかにない特徴だ。そして9種類あるすべてのピザの生地は、北海道産小麦を使っている。

北海道産小麦を使ったピザ生地は初めてだったが、食べてみると、これがなかなか良い感じ。生地自体は定番となっている薄めだが、口に入れた時にキレがある。そして喉ごしがよいのだ。オジさんは歯が弱くなっていて、耳の部分を残してしまうことも多いのだが、しっとりと軟らかく、違和感なく食べることができた。

次のページ
カルボナーラの卵も北海道の養鶏場産
メールマガジン登録
大人のレストランガイド