日経Gooday

一方、洗口剤はどうかというと、「洗口剤を口に含み、30秒以上ぶくぶくうがいをすると、食器洗浄機のように強く細かい水流で口の中の隅々、歯ブラシの毛先が到達しにくいところにまで成分を行き渡らせることができます。つまり、起床時の洗口剤うがいにより、寝ている間に口の中で大量に増えた歯周病菌を一気に減らせるほか、就寝前に洗口剤うがいをすることで、就寝中の歯周病菌の増殖を抑えることができるのです」と松下さんは説明します。

「洗口剤が実際にどのような効果を示すかを実験したところ、殺菌成分の塩化セチルピリジニウム(CPC)は、それで洗口剤うがいをした後そのままにしておくと5時間後にも虫歯菌、歯周病菌の増殖を抑えました」(松下さん)

CPC配合洗口剤使用後5時間、細菌数が抑えられた

歯磨き時の殺菌剤併用の効果。歯学部生30人を対象にした試験。昼食後歯ブラシのみで5分ブラッシングの後、CPC(塩化セチルピリジニウム)溶液で洗口するグループと歯磨きだけのグループで5時間後の虫歯菌、歯周病菌の数を測定した。洗口液を使うと5時間後も虫歯菌、歯周病菌ともに増加しなかった。(日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会発表資料より)

また、洗口剤は菌血症の予防にもなります。「歯周病菌がたくさんいる状態で歯ブラシを使うと、もろくなった歯肉から毛細血管の中に、歯周病菌が侵入しやすくなります。歯磨きをする前に洗口剤で口をすすぐことで、あらかじめ歯周病菌の数を減らしておくことができ、血管への侵入リスクを下げることにもつながります」(松下さん)

「洗口剤うがい」に期待できる効果とお勧めのタイミング
起床後 …就寝中に口内で増えた歯周病菌を一気に減らせる
就寝前 …就寝中の歯周病菌の増殖を抑える
歯磨き前…歯磨き時の出血をきっかけにした菌血症の予防

洗口剤は、外出時に歯磨きができないときの代用や、口をすっきりさせるためのケア製品と思っている人も多いでしょう。確かにそうした目的で用いてもいいのですが、歯周病や菌血症予防の重要なツールにもなることを覚えておきましょう。

ただし、その効果を発揮させるには正しく使うことが重要です。「先ほど説明した有効性のテストの結果の通り、30秒以上すすぐと殺菌効果が高められることがわかっています。逆に、30秒以内で吐き出すとあまり菌が減りません。特に就寝前には、洗口剤で口をすすいだら、なるべく水ですすがず、その成分を口の中にとどめるようにしましょう。朝起きたときに口の中のネバネバ感が全然違うことに気づくはずです」(松下さん)

「洗口剤うがい」の効果的なやり方
・口に含んだ後、「30秒以上」すすぐ
・洗口剤ですすいだ後は「水ですすがない」

(図版作成=増田真一)

この記事は、「『朝食前に洗口剤』『歯磨き剤は成分で選ぶ』健康寿命を延ばす歯磨きの新常識」(柳本操=ライター)を基に作成しました。

[日経Gooday2022年8月15日付記事を再構成]

「日経Gooday 30+」の記事一覧はこちら

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。