日経Gooday

答えと解説

正解(歯周病ケアのための洗口剤の選び方、効果的な使い方に該当しないもの)は、(3)洗口剤を吐き出した後、水で口の中をよくすすぐ です。

歯周病とは、歯周病菌(歯周病に関連すると考えられている細菌の総称)によって歯肉に炎症が起きた状態のことを言います。歯周病は歯を失う原因になるだけでなく、歯肉の歯周ポケットで起きた炎症は、血管を介して全身に炎症を引き起こし、認知症や糖尿病、動脈硬化や心筋梗塞など、健康寿命を縮めるさまざまな病気のリスクにもつながる可能性があります。

国立長寿医療研究センター口腔疾患研究部部長の松下健二さんによると、歯周病は自覚症状がないままに進行していきます。そして、真面目に磨いているという自負がある人でも、歯周ポケットのプラーク(歯周病菌の塊)までは取り除けていないことが多いのだそうです。従って、歯周病の進行を食い止めるには、日々の歯磨きを適切に行い、プラークをこまめに除去することが大切です。

それに加えて、今ある歯や歯肉を大切に守りながら歯周病をしっかり改善していくために大切なポイントとして、松下さんは

・歯周病菌が少ない状態をキープする

・歯肉からの出血がある場合は、それを悪化させない

の2点を挙げます。

この2つを実現するために、通常の歯磨きに加えて取り入れるとよいと松下さんがお勧めするのが、洗口剤を使った「洗口剤うがい」です。

洗口剤とは、液体タイプのオーラルケア製品のことです。ドラッグストアでデンタルペーストや歯ブラシが並ぶ棚に、ボトル入りの「洗口液」や「液体歯磨き」が並んでいるので、目にしたことがある人も多いでしょう。この「洗口液」と「液体歯磨き」をまとめて「洗口剤」と呼びます。どちらも「口に含み、すすぐ」ことで、歯周病菌を減らす効果が期待できます。

洗口剤の選び方は?

「洗口剤に含まれる成分はメーカーによりさまざまですが、歯周病や菌血症を防ぐために使う場合は、歯周病菌を殺菌する『殺菌成分』と、出血や炎症を抑える『止血成分』を含む製品を選ぶことが重要です。具体的には、以下の殺菌・止血成分を含む製品をお勧めします」(松下さん)

殺菌成分=クロルヘキシジングルコン酸塩、クロルヘキシジン塩酸塩、塩化セチルピリジニウム(CPC)、イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、エッセンシャルオイル
止血成分=トラネキサム酸、ε-アミノカプロン酸

洗口剤の、歯磨きにないメリットとは?

写真はイメージ=PIXTA

歯磨きにプラスして洗口剤を使う、と提案すると、「毎日歯磨きしているのに、それだけでは不十分なのだろうか?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、もちろん歯磨きは重要です。歯周病菌の塊であるプラークは、バイオフィルムという、排水溝のぬめりのような成分を作り出します。それを直接かき出すには、歯ブラシでの掃除が欠かせません。