日経ヘルス

2022/10/17

A or B 自分のタイプをチェック

【チェック】うちわ、ノートなど、あおげそうなものを用意する。顔に向かって、あおぐ

(1)ひじをあまり動かさず、手首を使いあおいでいる→【Aタイプ】、(2)手首をあまり動かさず、ひじを使いあおいでいる→【Bタイプ】

Aタイプはひじを動かそうとすると、頭や体幹がブレてしまう。Bタイプは、ひじの動きを止めるとあおげないはず。

【チェック】ペットボトルを用意し、まずはいつものように飲む。次に(1)と(2)のように飲んでみる

(1)ひじがあまり動かないように、もう片方の手で軽く押さえて飲む。→(1)が容易に飲めた【Aタイプ】、(2)手首があまり動かないように、もう片方の手で軽く押さえて飲む。→(2)が容易に飲めた【Bタイプ】

一方は簡単に飲め、一方は口にペットボトルの飲み口を合わせることを困難に感じるはず。

1 or 2 自分のタイプをチェック

【チェック】ペットボトルを用意し、いつもと同じように持つ

(1)人さし指、中指と親指でリングをつくって持っている→【1タイプ】、(2)中指、薬指と親指とでリングをつくって持っている。→【2タイプ】

わかりづらかったら、人さし指、あるいは薬指をペットボトルから離してみると、持ちやすさや持ちにくさがわかるはず。

【チェック】立った姿勢で両脚の太ももの中央にそれぞれ手を置く。(1)と(2)のようにしゃがむ

(1)太ももを内旋させるように回しながら下まで深くしゃがむ。→(1)が容易にしゃがめる【1タイプ】 、(2)太ももを外旋させるように回しながら下まで深くしゃがむ。 →(2)が容易にしゃがめる【2タイプ】

一方は簡単にしゃがめ、もう一方は急に力がなくなったように感じるはず。

※チェックは、『筋トレより軸トレ! 運動のトリセツ』(山崎浩子著、廣戸聡一監修)より。

次のページ
試してみよう!4つのタイプ別「疲れない歩き方」