MEN’S EX

2022/9/6

Key item 2:Cotton Suit コットンスーツ

LA SCALA(ラ スカーラ)

+色シャツでアイビーをヒネる

気鋭テーラーの山口信人氏が手がけたコットンスーツは、軽快な雨降り袖やぬくもりあるラペルのピックステッチなどにナポリムードが漂う。そこにあえてタータンチェックタイを合わせ、アイビー調にまとめるのが今、新鮮だ。とはいえ、シャツがお決まりの白や青では少々物足りない。そこでおすすめしたいのがカラーシャツだ。中でもこのような淡いイエローなら派手に見えず、トラッド感もキープできる。10万8900円~〈オーダー価格、納期約5週間〜〉(伊勢丹新宿店)

シャツ2万9700円/エリコ フォルミコラ(トゥモローランド) タイ1万2100円/ロバート フレイザー(アイネックス) チーフ4950円/麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) 靴13万6400円/オールデン(ラコタ)

SARTORIO(サルトリオ)

差し色の効かせ方が’22 年的トラッドの鍵

上と同様に淡いイエローを差し色にしているが、こちらはややフレンチに寄せたコーディネート。スポーティーなポロシャツを選んだことに加え、足元の「ゴルフ #641」やシャルべのメッシュベルトなど小物使いもポイントだ。スーツはコットンシルク素材によるハイグレードな一着。非常に軽く、滑らかな手触りが魅力的だ。手仕事とマシンの絶妙な融合による吸い付くような着心地もサルトリオならでは。32万100円(ストラスブルゴ カスタマーセンター)

ポロシャツ1万5400円/ラコステ(セプティズ) ベルト3万6300円/シャルべ(日本橋三越本店) 靴14万3000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)

TAGLIATORE(タリアトーレ)

新傑作と名高い「ダカール」と同様の超軽量仕立てを踏襲しつつ、よりリラックスしたフィットに設定した「ライト」。伸縮性のあるコットン×ポリウレタン素材ともあいまって、最高に軽快だ。パンツは360°シャーリング仕様。13万2000円(トレメッツォ)

J.PRESS(J.プレス)

「マナード」とよばれる極細の糸を用い、シャツのように薄く軽やかな着心地を実現。ラペルのダブルステッチやパッチ&フラップポケットなど、デザインは王道アメトラを継承。ジャケット5万6100円、パンツ2万3100円(以上オンワード樫山 お客様相談室)

SARTORIA RAFFANIELLO(サルトリア ラファニエロ)

ライトウェイトのコットンを用いて仕立てたスーツに、なんとガーメントウォッシュを施した一着。サルトリアの作としては型破りといえる挑戦的な試みだ。全体にシワやアタリが浮かぶたたずまいは味わい満点。休日使いにぴったりだ。13万2000円(ラファニエロ)

※表示価格は税込みです。

撮影=木村 慎(HERITIER) スタイリング=四方章敬 構成・文=小曽根広光 撮影協力=UTSUWA、EASE

MEN'S EX

[MEN’S EX Summer 2022の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE