2021/10/5

自分なりの「快適パターン」を見つける

私は2~3年に一度は引っ越しをするようにしています。

この話をすると「そんなに頻繁にですか!」と驚かれ、「たいへんじゃないですか」とよく言われるのですが、これが私の「快適パターン」なのです。

私にとっては同じところにずっと住み続けているほうがストレス。2~3年に一度、断捨離も兼ねてすっきりと身の回りを整理して、新しい環境で暮らし始めるほうがストレスフリーで、生きる活力になるのです。

もちろん、皆さんに引っ越しを推奨しているのではありません。

ストレスフリーで人生を楽しんでいくために、自分なりの「快適パターン」をぜひ見つけてほしいという話です。

ちなみに、私は新年になるとメガネを4本と靴を5足買うと決めています。

メガネ屋に行ったら、一気に4本買ってしまいます。用途がそれぞれ違うメガネを2本ずつ、新年には新調すると決めているのです。

これを言うとまた「去年のメガネがまだ使えるんじゃないですか」という人もいるのですが、そういうサイクルで生きていくことが、私にとって快適な生活なのです。

靴に関してもまったく同じで、それほど高級な靴ではなく手ごろなものを、新年に5足買っておくと、1年間、それを順番に履いていれば事足ります。

そのうち1足だけは「大事な用事」のためのもので普段は使わないのですが、残りの4足を毎日履いていると、だいたい1年ほどで汚れたり、傷んだりしてきて、じつにちょうどいいタイミングです。

これらの習慣は、新年にリフレッシュする儀式でもありますし、それ以外の日常は何も考えず、靴を履き、メガネをかけることができる「ストレスフリーの生活」を支えてくれる要素でもあります。

このスタイルもまた私の「快適パターン」なのです。

次のページ
本当の得意分野で勝負する