2021年のSNS新機能 短尺動画や音声、収益化も多様に

日経エンタテインメント!

2021年の主要SNS(交流サイト)を振り返ると、新機能導入の動きが活発だった。他社のある機能が人気となれば自社にも取り入れるなど、競争が激化している。そのなかからエンタテインメントに関わる機能を整理してみた。[日経エンタテインメント! 2021年10月号の記事を再構成]

◇  ◇  ◇

これまでリリースされた新機能を振り返ると、主要SNSが注力しているポイントが見えてくる。それは再生時間が数秒から1分程度と短い「短尺動画」「音声」、そして投げ銭などによる「収益化」だ。

短尺動画に関しては、TikTokの成功が大きかった。アプリ市場分析の米アップアニーのデータなどによると、TikTokは世界のSNSダウンロード数で1位。日本でもLINE、Instagramに次いで3位となっている。

短尺動画に注目が集まるなか、YouTubeが7月から短尺動画「YouTubeショート」をリリースした。縦型の動画で、最長時間は60秒だ。スマホアプリにも短尺動画専用タブを設置し、アプリから動画を作成することもできる。YouTubeにある曲をショートのBGMに使うことができるなど、YouTubeとの連携の強さが魅力。グローバルでの再生回数は、7月時点で1日あたり65億回以上となった。

YouTubeが7月から開始したショートビデオ機能「YouTubeショート」。最長60秒までの縦型動画を投稿・閲覧できる。YouTubeにある曲をショートのBGMに使うことができるなど、YouTubeとの連携の強さが魅力。グローバルでの再生回数は、7月時点で1日あたり65億回以上

Instagramは4月、短尺動画機能「リール」で活用できる機能「リミックス」を始めた。20年8月に発表された「リール」は、縦画面にかわいらしい特殊効果を施せる機能がTikTokに類似していると話題になった。「リミックス」は、他の人が作った好きな「リール」と自分の動画を一緒に再生できる。ダンサーがアップした短尺動画に、フォロワーが自分の動画をあわせて投稿するといったケースが増えており、新作のプロモーションに使うなどの可能性も考えられる。

「リミックス」は最大30秒のショートビデオを作成できるInstgramの「リール」に追加された機能。好きなリール動画とユーザー自身の動画を一緒に再生できる

音声チャット機能では、1月に大ブームとなった「Clubhouse」を思い浮かべる人も多いだろう。その熱狂冷めやらぬうちに、Twitterが「スペース」を発表、5月に正式リリースした。アカウントをフォローしている人に向けて配信できるので、多くのフォロワーを持つ芸能系の公式アカウントにとっても使いやすい。

Twitterが5月から開始した音声サービス「スペース」。フォロワー向けに配信できる。7月30日にはYOSHIKIが利用し、河野太郎ワクチン担当相(当時)とワクチン接種についての配信を行った

Facebookも音声機能「Live Audio Rooms」を6月に米国で開始。Facebookをビジネスで利用する人が多い日本ではファンとの交流にも使われそうだ。

Facebookが米国で開始している音声サービス「Live Audio Rooms」。会話を録音してPodcastとして配布できる。投げ銭機能「スター」にも対応している
次のページ
利用者の収益化も進む
エンタメ!連載記事一覧