最強デニムで実現! 大人ファッション定番の黒コーデ

2021/10/16
LEON

大人の最強デニムに、黒デニムを挙げる人は多いハズ。武骨にして都会的、色気さえ漂わせられる黒デニムは、大人ファッション定番の黒まとめにも最適です。でも、ただ黒けりゃイイってワケじゃないんです。




質感の違いで、黒にありがちなのっぺり感を回避せよ

休日コーデにおいて、スラックスよりもラフでブルーデニムよりもスタイリッシュに見える黒デニムは、実に頼りになる存在です。そんな黒デニムを使ったワントーンコーデは、季節感がどっちつかずになりがちな初秋において、いわば駆け込み寺。まぁ、鉄板ってコトです。

とはいえ、単に黒でまとめただけではダメ。コットンのデニムにコットンのジャケットを組み合わせると、のっぺりとして見えてしまいます。ポイントは、質感でニュアンスをつけること。コットンの黒デニムに対しては、ジャケットにスエード、シャツにシルクといった具合に、質感をガラリと変えた方が表情が生まれます。これ、異なる色でやろうとすると、トーンのバランスなど結構大変。黒まとめなら、思い切り異なる質感も、難なくなじんでくれます。

合わせやすいのに、手練れ感アリ。これ、コーデに悩みがちな初秋に、結構使える手なんです。ということで、今回もイケメン落語家の瀧川鯉斗さんに、そんな真っ黒コーデを着こなしてもらいました!

色は単色なれど、退屈さなんて一切ナシ

デニム3万5200円/リプレイ(ファッションボックス)、レザーブルゾン13万7500円/エンメティ(ビームス 六本木ヒルズ)、サングラス5万600円/モスコット(モスコット トウキョウ)、ブーツ17万6000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)

スリムシルエットがスタイリッシュな雰囲気を醸し出すも、濃淡のある色落ちがタフさもにじませる黒デニム。これだけでも全身黒コーデに対して表情を与えてくれますが、さらにジャケットにはスエードを、シャツにはシルクを合わせてシックかつラグジュアリー感をプラス。大人の休日に欲しい要素、テンコ盛りってコトです。

こちらは、ナチュラル系とハイテク系のギャップが狙い

デニム3万5200円/リプレイ(ファッションボックス)、ブルゾン4万2900円/デサント オルテライン(デサント ブラン 代官山)、シャツ2万2990円/サウスウィック(シップス 銀座店)、ニット4万9500円/クルチアーニ(ビームス 六本木ヒルズ)、メガネ5万8300円/トム フォード アイウェア(トム フォード アイウェア)、ブーツ12万6500円/フラテッリ ジャコメッティ(ウィリー)

色落ちした黒デニムに、ファスナーを採用した機能的なコート、そして足元にはトレッキングブーツと、要素としてはアメカジ。でも、黒で統一することで断然都会的な印象に。ロクヨンクロスじゃなく、ポリエステルというハイテク素材感もポイント。色落ちのタフさを、シャープに見せてくれます。さらにインナーには柔らかなニット素材で、大人な落ち着き感もプラス。

次のページ
武骨にして都会的、色気さえ漂う最強アイテムは黒デニム
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram