ビジネス上の「通訳」とは

本書の特徴は、「1杯1万円のコーヒーがなぜうれるのか」「ウルトラマン、3分の理由」といった読者に関心をひきそうな話題をもとに、ビジネスのコミュニケーション術を説いていきます。

簡潔に言うと、キャディを「企業ビジネスのプロ」として「活用する」ことがキャディイングだ。例えば、中国やベトナムなどで仕事をするにあたって、まず必要なのは通訳だ。通訳が双方のコミュニケーションを支えてくれる。
その際、本当に必要なのは日常用語のコミュニケーションではない。ビジネスに必要な「プロとしてのコミュニケーション技術」だ。専門用語を分かりやすく的確に相手に伝え、相手からもこちらに伝えてもらわないといけない。こうなると単純な通訳ではなく、業務内容を知ったサポーター的な存在だ。
この役割が、ゴルフのプロキャディと重なる。ゴルファーの意向をしっかりとくみ取りつつ、次のプレーを的確にサポートする。ゴルフ場の芝目や風の特徴を正確に把握し、ゴルファーを支えるキャディが必須なのだ。
(第4章 「仕組み」を変えれば伝える力が倍増!? 162~163ページ)
次のページ
叱られたことをどう話す?