幅広い世代に人気のブランド 男女共有も

「EDIFICE(エディフィス)新宿店」の三浦健司氏にも話を聞いた。紹介してくれたのは、レザーを用いたライフスタイルグッズを提案するHender Scheme(エンダースキーマ)の一品だ。もともとは若い世代を中心に人気があったブランドだが、最近は幅広い世代から支持を集めているそうだ。

モードとクラフトのバランスを重視したモノづくりを行う日本のファッションブランドで、革靴や革小物を得意とする。しなやかでソフトなピッグスエードを採用したショルダーバッグは、掛けたときに体に自然と沿うような丸みを帯びたデザインが特徴。濃淡2種類のグレーとベージュの3色がある。Hender Scheme / エンダースキーマ pig sacco M(幅32センチ、高さ18.5センチ、厚さ4.5センチ)1万7600円

「最近のミニバッグはバリエーションがとにかく豊富です。実用性だけでなく、コーディネートの一環として持つ男性も増えています。エンダースキーマはまさにアクセサリー感覚で持てるおしゃれなバッグの代表格ですね。素材使いを含めたデザイン性の高さが最大の魅力です」

男女を問わず使えるシンプルなデザインが多いため、夫婦やパートナーでシェアして使えるのも人気の理由だという。

ファスナーはあえて裏使いし、止水ファスナーのようなフラットな見た目に
三浦氏のおすすめはベージュ

「ピッグスエードを使用したシリーズとしては、レッドクロスバッグという巾着タイプの定番モデルもありますが、こちらは開口部がファスナー仕様なので、見た目はよりミニマルです。ピッグスエードならではの上品な雰囲気を楽しめる一品です」

柔らかい素材感と体に自然とフィットするカーブを帯びたボディーの形状により、掛け心地も快適だ。容量は500ミリリットルのペットボトルに加え、いざというときの折り畳み傘なども収納できる。

バッグと同系色のパンツを合わせれば、統一感のあるコーディネートに

「夏場のシンプルな装いのアクセントとしても、おすすめのバッグです。Tシャツの上から掛けるだけで上品に見えますし、ドレスっぽいスタイリングにも合わせられます。3色ある中で、特に軽やかな印象のベージュはどなたでも試しやすいと思いますよ」

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
仏デュプイ社のレザーを採用 モダンな表情が魅力