テレワークを意識した細身コーデ 保温機能も

――今回はチノパンを使ったコーディネートを3組用意してもらいました。まずはカーディガンを合わせた着こなしですね。

「テレワークをイメージし、リラックス感と上品さを両立したアイテムでまとめました。ポイントはやはり『ストレート』のチノパンですね。すっきりとした細身ですが、見た目がきれいなだけでなく、どこかくだけた印象もある。シルエットにテーパードがかかっておらず、裾幅が広いのがその理由だと思います」

カーディガン 3万1900円(ナナミカ)、カットソー 1万6500円(ナナミカ)、パンツ 2万2000円(ナナミカ)、ニット帽 9680円(ナナミカ)、スニーカー(私物)

――カーディガンもテーラードジャケットほど上品すぎず、ちょうどいいあんばいですね。異素材のネイビーとネイビーの配色もユニークです。ナナミカらしい機能性はありますか?

「肌に当たる面に『光電子』という素材を採用しています。身体から出る遠赤外線(体温)を光電子繊維が吸収して、保温してくれます。快適な温度をキープしてくれるので、空調による温度差で身体に負担がかかることが多いテレワークでも活躍してくれるアイテムですね」

インナーのカットソーにも光電子を使用。また、後ろ身頃の丈を長くし、デスクワークなどで前かがみになったときに背中が見えにくくなるといった工夫も
裾は短く丈詰めしている。足首が見える程度のすっきりとした裾丈は、細身のスマートなシルエットとも相性がいい

――たっぷりとした丸みのあるカーディガンのシルエットと、細身のパンツのバランスもいいですね。シューズはどう選んだのですか?

「裾幅が広いパンツはボリュームがある形状のシューズと相性がいいので、ニューバランスのスニーカーを合わせました。脱ぎ履きしやすいスリッポンタイプなので、ちょっとした外出にもちょうどいいですよ」

米国の通勤スタイルをイメージ ネイビー×黒の配色も肝

――2組目はジャケットを使ったコーディネートです。

「ポリエステルとスーツによく使われるウールサージの混紡生地を用いた、軽量なジャケットです。大ぶりなポケットが複数ついていて、スマートフォンや財布などを入れておけるのも便利ですね。また、ネイビーのジャケットに合わせるチノパンといえばベージュのものが定番ですが、あえて黒を合わせているのも着こなしのポイントです」

ジャケット 6万4900円(ナナミカ)、スエット 2万4200円(ナナミカ)、パンツ 2万4200円(ナナミカ)、キャップ 8800円(ナナミカ)、スニーカー(私物)

――黒とネイビーの配色ですね。上手に着こなすコツはありますか?

「ベージュのスエットや白のTシャツなど、モノトーンで淡い色のアイテムを取り入れることですね。黒とネイビー、どちらとも相性がいいので、それぞれの“つなぎ”としての役割を果たしてくれます」

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
次のページ
気負いのない普段着コーデ スポーツウエア顔負けの機
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram