トップが語る時計ブーム ブルガリ

《この写真の記事を読む》「セルペンティ、機械式時計の限界挑戦」ブルガリCEO

美しいスケルトンモデルのオクト ローマ ブルー カリヨン トゥールビヨン.。複雑時計でも存在感を高めている
「顧客とのコミュニケーションやブランド体験など、あらゆることに取り組んで日本での認知をさらに上げたい」と話すジャン-クリストフ・ババンCEO
セルペンティ ミステリオーシ ハイジュエリー シークレットウオッチ ヘッドにはダイヤモンド626個を使い、目はエメラルド製。ヘッドに格納されたBVL100ピコリッシモキャリバーはわずか1.3グラムというコンパクトなムーブメントだ(予価 3162万5000円)
オクト ローマ ブルー カリヨン トゥールビヨン シースルーのサファイアクリスタルのケースバックが美しい。3つのハンマーによる美しい音色で時刻を知らせるストライキングとトゥールビヨンという複雑機構を併せ持つ(予価3817万円)