「大切なのは、相手をよく知ること」。千葉県の館山支社長となっても現場での学びは生きた。支社長3年目に館山支社は近隣支社と統合し、事実上なくなるという話が持ち上がる。プロセスを誤れば代理店からの信頼を一気に失いかねない危機だ。いつ、誰から、どんな順番で伝えれば代理店に誤解なく理解してもらえるかを慎重に検討し「統合することでより安定的に代理店を支えられる」と一件一件、説明を重ねた。

2021年に盛岡支店の支店長として岩手に赴任後は地元の経営者と積極的に交流。他社の女性管理職に向けて講演するなど、会社を超えて後に続く女性を支える。「得意分野を見つけ自分らしく」と呼びかける。

(聞き手は川本和佳英)

[日本経済新聞朝刊2022年3月28日付]