バブアーなどタフなアウター 都会的に着こなすには?

LEON

2022/10/31
LEON

もはや定番となったアーバンアウトドアスタイル。ところが昨今潮流に変化が。土クサくてタフな、ビンテージスタイルのアウトドアアウターが人気なんです。となると、今までどおりのヤリクチじゃダメなんですよね。




土臭いアウトドアアウターを洗練顔にするアイテムは……

少し前のアーバンアウトドアのアウターといえば、ハイテク素材モノが中心。でも、昨今実はビンテージ素材系に注目が集まっているんです。ワックスコットンとか、ヘビーキャンバスとかね。ただし、そっち系は見るからにタフとあって、大人が街で着る以上はやはり洗練させる必要アリ。そこで使えるのが白パン、なかでも白コーデュロイなんです。

色は上品、でも風合いはノスタルジック。このバランスが、大人のイマドキなアーバンアウトドアなんですね。では、早速その他の着こなしポイントをご説明いたしましょう。

ガチャガチャしない、落ち着いたアウトドア風味がキモ

アウター6万500円/バブアー(バブアー パートナーズ ジャパン)、ジャケット7万4800円/チルコロ 1901、ニット3万8500円/フィリッポ デ ローレンティス(ともにトヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ3万8500円/ピーティー トリノ(ビームス公式オンラインショップ)、サングラス3万9600円/モスコット(モスコット トウキョウ)、スカーフ2万3100円/ヴィンセンツォ ミオッツァ(真下商事)、靴15万9500円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)

英国カントリーの象徴であるバブアーの「ビューフォート」。ワックスドコットンを採用する同モデルは、ハンティングジャケットとして誕生しました。耐久性、耐水性に優れていながら、テーラードジャケットがちょうど隠れる着丈は紳士のアウトドアウエアとの定評あり。だから、こんなウインドーペンのジャケットに白のコーデュロイパンツという英国スタイルとマッチするのです。

次のページ
ビンテージな風合いがクラシック柄と好相性