powered by 大人のレストランガイド

主菜並みに進化したサバ缶 梅じそやキムチ味で飯進む黒川博士の百聞は一缶にしかず(7)

2018年のブーム以降、サバ缶は味付けのバリエーションが増えてきた

サバ缶の味付けの種類が増えているのをご存じだろうか。梅シソ味にトマト味、キムチ味に加え、何とチョコレート味まで登場している。いわば“味変”したサバ缶が続々と商品化されているのだ。

従来、サバ缶と言えば水煮(塩味)、みそ煮、しょうゆ煮の3種類が定番で、現在でもサバ缶市場のシェアの中では上位を占めている。しかし、2018年のサバ缶ブーム(*)以降、サバ缶は缶詰の中でも特に注目を集めるアイテムに変わった。定番だけではなく、新しいフレーバー、テイストを加えた新商品を投入すれば、サバ缶ファンの裾野が広がり、新たな客層にもアピールできるし、消費者としても、選択肢が増えれば自分好みの味を選びやすくなる。売る側と買う側、双方の好循環が期待できるわけだ。

そこで今回は、18年以降に発売された商品を中心に、僕が個人的に注目しているサバ缶を紹介しようと思う。

宝幸「日本のさば 梅じそ風味」(190グラム、200円前後)

宝幸(東京・品川)の「日本のさば 梅じそ風味」は、砂糖しょうゆ味をベースにして、梅シソのうま味を加えた爽やかな1缶だ。甘味、酸味、塩味のバランスが良く、脂が乗った国産サバを使っている。甘酸っぱい梅シソ味が後を引き、白ご飯との相性も抜群である。誰が食べても好ましく感じる味で(僕の友人にもこの商品のファンが多い)、食卓の主菜として申し分ない出来栄えだ。

売り上げも好調とのことで、定番の水煮、みそ煮、しょうゆ煮を除いたサバ缶市場では売り上げ1位だそうだ(20年度のデータ、同社調べ)。

信田缶詰「ご飯がススムさばのキムチ煮」(190グラム、298円)

子供でも食べやすいキムチの人気商品「ご飯がススムキムチ」で味付けしたサバ缶、それが信田缶詰(千葉県銚子市)の「ご飯がススムさばのキムチ煮」だ。

発酵食品であるキムチのうま味に、サバのうま味が合わさり(サバはサバ節が作れるほどうま味が濃い)、ピリ辛さも手伝って、こちらもご飯がススム。缶汁もおいしいので、汁ごと鍋物に使うのもオススメである。

キムチ味がサバの身にしっかり染み込んでいるのは、高温加熱で仕上げる缶詰の製造方法のおかげ。例えば、サバ水煮缶とキムチを合わせて食べてもおいしいのだけど、この缶詰のように味が染み込むことはないのだ。

次のページ
真の激辛好きにオススメの1缶
メールマガジン登録
大人のレストランガイド