法案をwater downって? ニュースでよく見る仕事英語デイビッド・セイン(42)

ニュース英語は難しいと思われるかもしれませんが、多くの人が読みやすいように書かれているので、実は英語学習にはうってつけです。ニュースを使った英語学習アプリ「日経LissN」から会話でも使える表現をピックアップし、ニュース内での扱われ方、また日常会話での言い換えバリエーションなどをご紹介し、フレーズの理解をさらに深めてもらいます。ニュースの英語で使える表現の引き出しを増やして、会話のバリエーションを広げていきましょう。

◇   ◇   ◇

今回は、13日まで行われていた、第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)で出された成果文書に関するニュースをご紹介します。当初石炭火力発電の利用に関して、段階的な「廃止」を明記される予定だったのが、段階的な「削減」という表現に変えられたことに注目が集まりました。成果文書は開催地にちなんで「グラスゴー気候合意」と呼ばれています。

Let's read !!! 早速記事の一部を読んでみましょう。

COP26 closes with “pursuit of temperatures within 1.5°C” – Coal-fired power plants to be phased down
「気温1.5度内追求」COP26閉幕、石炭火力は段階的削減
The 26th Conference of the Parties (COP26) to the United Nations Framework Convention on Climate Change closed on the 13th with the adoption of the outcome document known as the “Glasgow Climate Pact”. With regard to the use of coal-fired power generation, which was the main focus of the document, the language was watered down from in the original draft, from “phase-out” to “phase down”. It clearly states that efforts will be pursued to keep the temperature increase to within 1.5 degrees Celsius above pre-industrial levels.
COP26 opened on October 31 and was scheduled to run until November 12. Negotiations floundered, and the conference was extended by one day in order to continue discussions. On the morning of the 13th, the UK, the chair nation, announced a new draft agreement after consultations with the other nations, and other nations were negotiating based upon it.
(LissN 2021年11月27日配信)
  
【Words and Phrases】
adoption 採択
outcome document 成果文書
coal-fired power generation 石炭火力発電
water down 弱める 薄める
pre-industrial 産業革命前の
flounder 難航する もがく
次のページ
water down...に注目してみよう!
ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら