TPO問わない定番デザイン 長年履ける耐久性も魅力

「当店ではシチュエーションを問わずに履けるシンプルなデザインの革靴が人気です。テレワークの普及でビジネスウエアと休日着の境目がなくなりつつあるのもその理由でしょう」

そう教えてくれたのは、東京都渋谷区にある「ZABOU(ザボウ)東京」の大井勇人氏だ。条件に合う一足としてParaboot(パラブーツ)のCHAMBORD(シャンボード)を選んでくれた。

1908年にフランスで創業した老舗シューズブランドの一足。Uチップと呼ばれるデザインはオーソドックスなプレーントゥに比べてややカジュアルな表情なのが特徴だ。水に強く丈夫なレザー素材、グリップ力に優れたアウトソールのいずれも自社で開発。Paraboot / CHAMBORD 7万1500円

「アッパーの革からアウトソールまで自社で生産するなど、高いこだわりが魅力のブランドです。登山靴に用いられる製法で作られているので、耐久性は抜群です。メンテナンスをしながら20年、30年履き続けるお客様もいらっしゃいますよ。適度にゆとりのあるシルエットなので、甲高幅広の日本人の足形と相性がいいのも人気の理由ですね」

7万円代とやや高価だが、幅広い世代から人気があるという。色は「ノワール(黒)」と「カフェ(茶)」の2種類を用意している。

ジーンズと合わせてもラフな印象にならない。同店の定番であるブランド「リゾルト」のデニムパンツとのコーディネートがおすすめという
カフェ(茶)を合わせた様子。側面に付くネームタグがカジュアル感を醸し出す

「オンオフ兼用で履きやすいのはノワールですね。黒はビジネスシーンで多く用いられる色ですし、近年カジュアルシーンでトレンドのミリタリーコーデとも相性がいいです。着こなしが引き締まって見えるので、一足持っておくと重宝しますよ」

デザインは「変化球」 履き心地も自慢の一足

最後に話を聞いたのは、東京都渋谷区にある「GOOD LOSER(グッドルーザー)」代表の古口悠氏だ。自らデザイナーを務めるEULLA(エウラ)が日本発の革靴ブランドMakers(メイカーズ)に別注した一足を紹介してくれた。

「カジュアルな外羽根式だったり、フロントにタッセル付きのジップパーツが付いていたりと、これまでのMakersにはないデザインに仕上げてもらいました。アッパーにはきめ細かい質感の高級なカーフレザーを採用しています。ラグジュアリーブランドのような品のあるたたずまいにも注目してほしいですね」

2009年にスタートした日本の革靴ブランドMakersに別注した一足。デザイン、木型ともにEULLAのオリジナルで製作している。アッパーにはイタリアの高級タンナー「ルッソディカサンドリーノ」のカーフレザーを採用。フロントのジップパーツは取り外し可能。Makers×EULLA / FRONT TASSEL ZIP PLANE TOE SHOES 9万6800円

デザインだけでなく履き心地もほかのブランドとは一線を画すと古口氏は話す。

「Makersは日本人の足に合う既製靴を追求しているブランドです。とにかく軽量で、履いた瞬間に感動するほどフィット感がいい。フロントにジップがついているので、スリッポンのような感覚で簡単に脱ぎ履きできるのも魅力です。普段はスニーカーをよく履かれるという方にもぜひ挑戦してほしいですね」

甲にジップを配したデザインがユニーク
シンプルなモノトーンのコーディネートのポイントにもしやすい

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/)


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE