「オデュッセウス」チタンで軽く A.ランゲ&ゾーネ腕時計ニューカマー2022

2022/5/10
人気のラグジュアリースポーツ時計「オデュッセウス」はチタン製で登場

文字盤の絶妙な配色と優美なデザイン――。A.ランゲ&ゾーネの新作は控えめなゴージャスさで、ビジネスエグゼクティブにぴったりなモデルといえる。




2019年に発売した大人気のスポーティーモデル「オデュッセウス」には初のチタンが採用された。初代モデルであるステンレススチール製に比べて43%軽量なチタンを使用することで、軽やかな装着感となった。表面に施された細かな細工の陰影が、光の当たり具合によってさまざまな色調に変化する。知的に見せるカラーはアイスブルーと呼ばれるが、手の動きによってグレーがかったり、時リングの内側が鮮やかな水色のラインに見えたり。スモーキーなのに華やかさがある。

グランド・ランゲ1 ケース:41mm、高さ8.2mm 18Kホワイトゴールド製 シルバー無垢(むく)グレーダイヤル 3気圧防水 機械式手巻き パワーリザーブ:約72時間 (589万6000円)
オデュッセウス ケース:40.5mm、高さ11.1mm チタン製 アイスブルー真ちゅうダイヤル 12気圧防水 機械式自動巻き パワーリザーブ:約50時間 (250本限定、709万5000円)

スリム化でスーツの袖口もすっきり

ランゲの象徴でもある「ランゲ1」のケース径が41mmのモデル「グランド・ランゲ1」は、ケースの高さが従来よりも0.6mm薄い8.2mmに薄型化した。このスリム化によってスーツの袖口も一段とすっきりし、女性にとっても使いやすいシェイプとなった。ホワイトゴールド仕様とピンクゴールド仕様があり、グレーのダイヤルにゴールド製の針、ローマ数字、ひし形インデックスが鮮やかに浮かび上がる。ケースとベルトのカラーの相性にもこだわり、クールな印象のホワイトゴールドモデルには黒の革ベルト、華やぎをたたえたピンクゴールドモデルには茶の革ベルトを合わせた。

リヒャルト・ランゲ・ミニッツリピーター ケース:39mm、高さ9.7mm プラチナ950製 18Kホワイトゴールド、ホワイトエナメル仕上げダイヤル 2気圧防水 機械式手巻き パワーリザーブ:約72時間 (50本限定、価格は問い合わせにて)
リヒャルト・ランゲ・ミニッツリピーターの裏側。サファイアクリスタルのシースルーバックからのぞく芸術的な複雑機構。つややかに輝くハンマーが鐘を打つ様子を見られる

新作の掉尾(とうび)を飾るのは、複雑機構の「リヒャルト・ランゲ・ミニッツリピーター」だ。ミニッツリピーターとはハンマーで打たれた鐘の澄んだ音色が時刻を知らせるというもの。ケース側面のスライダーを操作すると、時、正15分、分の数を打ち鳴らすという伝統的な形式の設計だ。文字盤はホワイトエナメルで覆われ、青焼きされた針がアクセントになっている、すっきりと知的な仕上げだ。サファイアクリスタルのシースルーバックからは芸術的ともいえる精緻で美しく、複雑なムーブメントを見ることができる。


Watch Special 2022

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2022」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2022はこちら