「最高の職場」はどこ? アメリカと日本のトップ企業

海外におけるキャリアや仕事事情をお届けする「海外便」。今回は、米国で働く人に評価される会社はどこなのか、口コミサイトのランキングから探ってみた。自由な雰囲気のIT(情報技術)系新興企業が台頭するなか、意外な業種の企業が上位に食い込んできた。そして、「没落」している業種もあった。

参照したのは、匿名の社員による企業評価・口コミサイトを運営する米グラスドア(Glassdoor)の「The Best Places to Work」。2009年から毎年発表しており今年で14回を数える。1月に出た22年版は、社員・元社員が20年10月~21年10月に投稿した口コミ評価を集計したものだ。

従業員1000人以上の大企業のランキングを見ると、1位は半導体大手のエヌビディアだった。21年も2位につけるなど上位の常連企業で、給与などの待遇面に加え、柔軟な働き方ができることが評価されているようだ。トップテンにはこのほか、企業向けソフト開発のハブスポット(2位)、コンテンツ管理のボックス(5位)、グーグル(7位)、顧客情報管理のセールスフォース(10位)とIT系がずらりと並ぶ。

「孤独を感じない」「人として見てくれる」

上位100社でみても4割近くをIT関連が占めており、他の業種を圧倒した。テック企業人気は以前からだが、上位に占める割合は年々高まっているようだ。09年版ではトップ50社(トップ100の発表は18年以降)のうち2割程度だったのが、15年以降は上位50社の3割を超えている。

グラスドアのランキングの対象は口コミ評価が75件以上ついている企業で、全体評価に加え、キャリア形成や報酬、企業文化などの各分野について5段階で点数をつけ、自由記述もできる。IT企業についてのコメントをみると「ワーク・ライフ・バランスがいい」「上司や同僚が支えてくれる」といった声が多かった。在宅勤務など新型コロナの流行に配慮した動きも支持されている。2位のハブスポットはコロナ禍で大きなストレスにさらされている社員のメンタルヘルス対策にいち早く取り組み、話題になった。

IT以外の業種ではコンサルティング企業がトップ10に名を連ねる。22年版では3位にベイン・アンド・カンパニー、6位にボストン・コンサルティング・グループが入った。コンサルは09年から安定した人気で「一緒に働く仲間が優秀で、自分自身の成長につながる」という評価理由も一貫している。

VRオフィスの会社がコロナ禍で上位に(写真はPIXTA)

上位企業で異色だったのは不動産会社のeXpだ。20年の80位、21年の95位から躍進した。完全にバーチャルな職場でありながら、同僚たちと楽しく交流できるプラットフォームがあるという点が評価された。同社はパンデミック前からインターネット上の仮想空間「メタバース」をオフィスとしており、コロナ流行でこの仕組みが大いに役立った格好だ。仮想空間では様々なイベントも開かれ、社員は「孤独を感じることはまったくない」という。在宅勤務の課題であるコミュニケーション不足を補う好事例と言えそうだ。

トップ10で目を引いたもう1社は、9位のルルレモン。街でも着られるおしゃれなヨガウェアが人気のカナダ発スポーツアパレルは17年から50位以内を維持しており、21年も8位と健闘した。同社は店舗でヨガ教室を開くなど、コミュニティづくりを大切にしていることで知られる。コロナでこうした活動は難しくなる中、社員の心身の健康に気を配った経営に共感が寄せられていた。「働き手としてだけでなく、人として見てくれる」というコメントが象徴的だ。

eXpとルルレモンは全く異なる業種だが、社員の感情に寄り添う企業文化が、両社のコメントから読み取れる。

一方、上位に見当たらない業界があった。

次のページ
金融業界が敬遠される理由