アルマーニグループ、SDGsに特化したウェブサイト

「デザイナーとして私は他の人々に対して責任があり、模範となるべきであり、支援すべきであると考えている」と話すジョルジオ・アルマーニ氏 (撮影:Stefano Guindani)

ジョルジオ アルマーニ グループはこのほど、SDGsへの取り組みを紹介する専用のウェブサイト「Armani/Values」(www.armanivalues.com)を立ち上げた。イタリアを代表するファッションブランドとして時代の変化に柔軟に対応して持続可能な製品を作っていることや、世界規模での環境保護活動、グループで考える価値観などをアピールしていく。近年、ラグジュアリーブランド各社はSDGsへの取り組みを加速しているが、特化した単独サイトを設けるのは珍しい。デザイナー、ジョルジオ・アルマーニ氏は「ウェブサイトの内容は、より責任ある体制を構築するためにグループの社員全員で取り組んでいく姿勢を表明するもの」と話している。




「Armani/Values」は多様で包括的な職場環境を伝えるPeople(人)、グループでの森林再生支援策などを紹介するPlanet(地球)、慈善活動や財団支援などのProsperity(活動)の3つの分野でアルマーニグループの企業活動に関する情報を発信するもの。アルマーニ氏が考える時代を超えた製品のデザイン哲学を動画を使って分かりやすく紹介したものや、国連児童基金(ユニセフ)などと組んだ水不足地域への飲料水と衛生設備確保の取り組み、世界各地の緑地拡大を目指すエンポリオ・アルマーニ・グリーン・プロジェクトといった活動を取り上げている。グループがサポートするがん研究助成をはじめとする医学・科学研究へのさまざまな支援策もまとめて公開している。

ジョルジオ アルマーニ グループが立ち上げたウェブサイトの画面

アルマーニグループは2020年、新型コロナ感染拡大に関連していち早く使い捨ての医療ガウンを作り医療施設や高齢者用の施設に寄付したほか、同年からは利益の一部を、コロナ対策などへの支援として52の非営利団体に提供している。

また近年は「エンポリオ アルマーニ」でリサイクル素材や再生可能原料によるパッケージを用いた「サステナブルコレクション」も展開している。