部長と役員の間にある「非連続的ジャンプ」

部長や課長として「遂行力(やり切る力)」と「リーダーシップ力(まとめる力)」を発揮して活躍してきた人が執行役員や取締役へと昇進できるか否か。実は部長・課長と取締役・執行役員の間にはスムーズに階段をあがるようなわけにはいかない「非連続的ジャンプ」があるのです。

それは、「問い」に答えて結果を出す人から、「問い」自体を設定できる人への転換です。取締役やCxO、執行役員には、5つの力の中でも特に「構想力(描く力)」と「決断力(決める力)」という2つの発揮が期待されることになるのです。

「構想力(描く力)」とは、自社の事業ビジョンや、個々のサービスの到達点、目指すべき姿をしっかりと描ける力。できる経営者の人たちがよく口にするのは、「頭の中でくっきりと絵を描いて、それを社員や社外のステークホルダーに説明する」というフレーズです。これは「見えていないものは、成し遂げ得ない」という信念から出てくるものでしょう。

「構想力(描く力)」でよく言われるのは、「鳥の目」を持つことです。自分の立ち位置や仕事内容を俯瞰(ふかん)してみる癖を身につけているかが問われます。もちろん、どのような立場であれ、究極は「社長の目」に立つことです。将来の後継者候補たる人材は日々、社長の目から自社の事業や日々の業務を見ているものです。

ちなみに私は「構想力(描く力)」を持っているかどうかを評価するポイントとして、「広く市場の動き、事業環境に目配りできているか」「自分なりのビジョンを創出しているか」「ビジョンや構想を戦略や組織に落とし込んでいるか」を見ています。こちらも職務経歴書の記述、面接時に話す内容の参考にしてください。

リーダーというのは毎時間、毎分、毎秒が決断の連続。その決め方にもその人の個性が出ます。一人で決める人、衆知を集め合議する人、様々です。ここにその人の「決断力(決める力)」が表れます。

決められないトップやリーダーがいると、組織は混乱や停滞をきたします。向かうべき方向を得られない組織は、迷走するか、動けなくなるかのどちらかです。

昭和型の大企業トップに多いのが、決断の段階での「意思決定のたらい回し」です。「あの役員は、どう言っているんだ?」「皆がよいというなら」「先に副社長に聞いてみてくれ」といった具合です。

決めないということも1つの決定です。しかし、それがどんな災いをもたらすかは、世間を騒がせてきた偽装・粉飾問題や大型倒産などに見てとれますね。多くは意思決定の先送りがもたらした悲劇です。また、そもそもの偽装問題や先の粉飾決算の発生自体は「間違った決定」による悲劇です。

単に決めればよいというわけではないのは、当たり前のことです。決断できる人とは、自分のなかに正しい判断基準を明確に持っている人のことです。自らの「決断力(決める力)」を自己評価するには、「事業や経営での意思決定に主体的に参画しているか」「多様な意見・利害関係の中でも最適な判断をすべく動いているか」を自問自答してみてください。

経営陣(「経営人材」)として優れた成果をあげている人たちに共通していることは、「遂行力(やり切る力)」と「リーダーシップ力(まとめる力)」の2つの力をいかんなく発揮できることに加えて、「構想力(描く力)」と「決断力(決める力)」の質と量とスピードが抜群に優れていることです。日本人の経営者でも、グローバルで注目の経営者でも、皆さんがパッと名前を思いつく名経営者は皆、これに当てはまると思いませんか。

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから

次のページ
これからを勝ち抜く、成長し続けるマネジメント人材