ラフィアならではのざっくりとした質感は抜け感があり、白短パンなどとかなりの高相性。けれど、単なる「ラフ」で終わらせないのが老舗ボルサリーノ。手編みのラフィアのきめ細かな表情はいかにも上質。リボンの幅も控えめで、品の良さがあります。

しかもこちら、クルッと折り畳むことが可能なので持ち運びが楽。夕方からのディナーの際には畳んで室内に、もしくは急な雨の際にもクルッ!と巻いて車の中になど、使い勝手が良いのです。そんな臨機応変なお洒落に「……さすがね」と女性が一目置くのは自然な流れ。「なんならおそろいにしようか」なぁんてセリフに、思わずときめくのは必至です。

クラウン部分の柔らかなラインが上品で優しい印象。このブランドの中では買い求めやすい価格であることも魅力です 3万8500円/ボルサリーノ(ボルサリーノジャパン)
ラフィアは天然樹脂を含み、曲げ伸ばしに強い。48時間程度までならこのような状態が維持できる

オメロ オルテガ 渋さを極めるビンテージ調の質感

酸いも甘いも味わい尽くした壮年の男性の優しい表情には、思わず胸を高鳴らせてしまうのが女性というもの。大人の魅力は、根が「甘えたい……」と願う女心のツボを刺激します。そんな壮年の魅力がなかなか発揮しづらい夏のお気楽な装い。Tシャツでもポロでも短パンでも、壮年の奥行きある魅力を演出、となるとやや厳しめ。「何か物足りないんだなあ」とお嬢様方もいぶし銀的な魅力不足の丸の内を嘆きます。

そんなジレンマを一発で解消するのが、こちらオメロ オルテガの帽子。オメロ オルテガはパナマの本場、エクアドルのトップブランド。クオリティーが高く、きれいな色出しが特徴です。

中でもギハーロと呼ばれるこちらはグリーンとグレーの中間にある濃淡のある表情が特徴。ビンテージ調の何とも味わいのある表情が魅力です。添えられたリボンは見る角度によって色が違ってみえるグレーリボンに茶色のリボンを合わせるという組み合わせ。白いものがちらほらという大人の髪色に相性が良いのも、壮年ならではのアドバンテージです。

素材であるパナマ草を繊維の状態の時に職人が手で染める工程を経て、自然な濃淡が生まれる 1万9800円/オメロ オルテガ(時谷堂百貨)

かぶれば即いぶし銀のような魅力。こんな帽子でカフェで待ち合わせなどすれば、くだんの行幸通りのお嬢様方もご満悦。憧れの上司の期待を裏切らぬ魅力に「やっぱりすてきなのよ」と心の中で恋の打ち上げ花火。魅了する夏を堪能くださいませ。

清水久美子
ファッションディレクター。大学卒業後、銀座和光を経て、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)入社。25ans(ヴァンサンカン)編集部で活躍後フリーとなり、ラグジュアリーなスタイルを得意とするスタイリストに。男性向けスタイリングの提案、商品企画も手がける。

SUITS OF THE YEAR 2022

3年ぶりの有観客開催となる華やかな授賞式の模様をYouTubeライブで生配信。 スペシャルな受賞者のスーツの着こなしにご注目ください。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE