落札額は6300万円 「月の塵(ちり)」競売のワケ

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

1969年のアポロ11号ミッションで、「初期アポロ科学実験パッケージ(EASEP)」の2つのコンポーネントを所定の位置に移動する米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士エドウィン・“バズ”・オルドリン。このほど、アポロ11号の乗組員が月で採取した最初の塵のサンプルのごく一部がオークションで落札され、天文学者と宇宙法学者の関心を集めている(NASA)

1969年、人類が初めて月面に降り立とうとしたとき、月着陸船のはしごに立ったニール・アームストロングは、月面の質感は「ほとんど粉のようだ」と米テキサス州ヒューストンの管制センターに報告した。

10分後、彼は月面の塵(ちり)をすくい上げた。人類が地球以外の天体から初めて採取したサンプルだ。それから50年以上たった2022年4月13日、その塵のひとつまみが新しい所有者の手に渡った。オークションに出品された月の塵を50万4375ドル(約6300万円)で落札した匿名の人物は、人類史の一部を所有することになった。

米航空宇宙局(NASA)は長年、アポロ計画で地球に持ち帰られた月の石や塵は米国政府の財産であり、民間人が所有することは許されないと主張し、流出したサンプルを取り戻すために多大な努力を重ねてきた。2011年には、文鎮に埋め込まれた米粒大の月の石を売ろうとしていた74歳の女性をファミリーレストラン「デニーズ」に誘い出し、これを押収している。

今回のオークションに出品された5点の電子顕微鏡用試料台。試料台はアルミ製で、上に貼られたカーボンテープには、月で初めて採取された塵が付着している(BONHAMS)

今回出品された月の塵は、そのような原則のまれに見る例外となった。「こんなことは二度と起こらないでしょう」と、英競売会社ボナムスの専門家アダム・スタックハウス氏は言う。

米国の宝である月の塵は、なぜオークションに出品されることになったのだろうか? そこに至るまでの長く複雑な経緯は以下の通りだ。

勝手についてきた塵

まず、問題の月の塵は「くっつきやすい」という特異な性質によって地球にもたらされた。

月面を覆う細かい塵は「レゴリス」とも呼ばれる。月には大気がないため、レゴリスは常に吹き付けている太陽風(太陽から噴き出すプラズマの流れ)によって静電気を帯びている。この静電気のせいで、宇宙飛行士のブーツ、手袋、宇宙服、コード類、道具類など、あらゆるものに塵が付着してしまう。

走査型電子顕微鏡(SEM)で数千倍に拡大した月の塵の写真(BONHAMS)
同じく走査型電子顕微鏡の拡大写真。多くのサンプルには、隕石(いんせき)が月面に衝突したときに立ちのぼった蒸気が急速に冷却されてできた微小なガラス玉が含まれている(BONHAMS)
次のページ
不正のち訴訟